イベント駆動型プログラミング



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWでは、データフローによってブロックダイアグラムが要素を実行するタイミングが決定されます。すべての必要な入力を受け取るとノードが実行され、出力データを生成してそのデータをデータフローパスの次のノードに渡します。イベント駆動型プログラミングは、イベント(発生したアクションの非同期通知を出す入力)を使用してこの実行に影響を与えます。たとえば、フロントパネル上の特定のキーが押されたときにイベントを発生させたい場合、「キーを押すイベントが発生するまで待機する」、「そのイベントを処理する」、「次のイベントを待機する」というループを含むアプリケーションを設計することができます。そのループがイベントの発生を待機している間、その他の部分のアプリケーションは実行を続行できます。各イベントに対するアプリケーションの処理は、特定のイベントのために書かれたコードによって決まります。プログラムの中には、処理するイベントが頻発するために頻繁に実行する部分もあれば、イベントが発生しないために全く実行しない部分もあります。

よくある質問

どのようにしてLabVIEWでイベントを使用できますか。
どのようにしてアプリケーションがイベントに応答しているかどうか確認できますか。
どのようにしてアプリケーションで監視したいイベントを指定できますか。
どのようにして特定のイベントのみを監視および制御できますか。
どのようにしてカスタムデータを運ぶイベントを作成および生成できますか。
どのようにしてイベントを含むアプリケーションを最も効果的に設計できますか。
どのようにしてアプリケーションの実行中にイベントキュー内のイベントを確認できますか。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった