フロントパネルの制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWアプリケーションのフロントパネルを作成するには、以下のサブパレットを使用して制御器と表示器を選択します。

メモ  使用できるフロントパネル制御器および表示器は、選択したサブパレットスタイルにより異なる場合があります。使用できるフロントパネル制御器および表示器については、モダン、NXGスタイル、シルバー、システム、またはクラシックサブパレットを参照してください。
サブパレット 説明
配列、行列&クラスタ 他の制御器と表示器のデータ要素をグループ化するには、配列およびクラスタの制御器および表示器を使用します。行列データを入力および表示するには、行列制御器および表示器を使用します。
ブール ボタン、スイッチ、ライトを使用してTRUE/FALSE値を入力および表示するには、ブール制御器および表示器を使用します。
コンテナ 他の制御器および表示器をグループ化したり、現在のVIのフロントパネルの上に別のVIのフロントパネルを表示したりするには、コンテナ制御器および表示器を使用します。
装飾体 VIの機能に影響を与えずに、フロントパネルオブジェクトをグラフィカルにグループ化したり、分割したりするには、装飾体を使用します。装飾体には、ボックス、ライン、矢印などが含まれます。
グラフ 数値データをプロットおよび表示するには、グラフおよびチャート表示器を使用します。
I/O 計測器やデバイスと通信するためにI/Oハードウェア構成に関連付けられている名前をI/O VIに渡すには、I/O名制御器および表示器を使用します。
リスト、表、ツリー ユーザに選択可能な項目リストを表示するには、リストおよびツリー制御器および表示器を使用します。一連のデータを行と列を用いて表示するには、表を使用します。
数値 数値データを入力および表示するには、数値制御器および表示器を使用します。
Refnum ファイル、ディレクトリ、デバイス、ネットワーク接続を参照するには、Refnum制御器および表示器を使用します。
リング&列挙体 ユーザに選択可能な項目リストを表示するにはリングおよび列挙体制御器および表示器を使用します。リング制御器および表示器は、数値データタイプのみをサポートします。列挙体制御器および表示器は、数値データタイプとそれ対応する文字列のみをサポートします。
文字列&パス テキストを入力または表示するには、文字列制御器と表示器を使用します。ファイルまたはディレクトリのパスを入力または返すには、パス制御器および表示器を使用します。
バリアント&クラス バリアントおよびオブジェクト指向データを操作するには、バリアントおよびクラス制御器および表示器を使用します。

関連情報

制御器と表示器のスタイル

フロントパネルオプション

表示パレットを変更

制御器パレットの中身を変更する

制御器、表示器、およびタイプ定義をカスタマイズする

表示→制御器パレットを選択して、制御器パレットを表示し、次に制御器パレットから制御器と表示器を選択して、フロントパネル上に配置します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった