ローカル変数、グローバル変数、フィードバックノード



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWでは、ブロックダイアグラム端子を使用して、フロントパネルオブジェクトとの間でデータの読み書きを行います。しかし、フロントパネルオブジェクトにはブロックダイアグラム端子が1つしかなく、アプリケーションは、場合によって複数の位置からこの端子内のデータにアクセスする必要があります。

ローカル変数とグローバル変数はワイヤで配線できないアプリケーション内の場所の間で情報を渡します。ローカル変数を使用して、単一のVIの複数の位置からフロントパネルオブジェクトにアクセスします。グローバル変数を使用して、複数のVI間でデータのアクセスおよび受け渡しを行います。

フィードバックノードを使用して、前回のVIまたはループの実行からのデータを保存します。

フィードバックノードのサンプルについては、Structures\Feedback NodeディレクトリのFeedback Node - Building an Array VIを参照してください。

関連する概念

ローカル変数

グローバル変数

フィードバックノード

読み取りおよび書き込み変数

ローカル変数とグローバル変数を慎重に使用する



関連する操作手順

ローカル変数を作成する

ローカル変数のデータ方向を変更する

グローバル変数を作成する

グローバル変数のデータ方向を変更する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった