ローカル変数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

フロントパネルオブジェクトへのアクセスがない場合、またデータをブロックダイアグラムのノード間で渡す必要がある場合は、1つのVIでフロントパネルオブジェクトのローカル変数を作成します。ローカル変数はブロックダイアグラムに表示されますが、フロントパネルには表示されません。

ローカル変数を使用すると、フロントパネルの制御器または表示器のデータを読み取りまたは書き込みできます。ローカル変数への書き込みは、他の端子へデータを渡す操作に似ています。ただし、ローカル変数を使用すると、制御器への書き込みや、表示器からの読み取りも可能となります。つまり、ローカル変数を使用することにより、フロントパネルオブジェクトに入力と出力の両方としてアクセスできます。

たとえば、ユーザインタフェースがユーザに対してログインを要求する場合、新しいユーザがログインするたびにログインおよびパスワードプロンプトをクリアすることができます。ローカル変数を使用すると、ユーザがログインする際にログインおよびパスワード文字列制御器から読み取り、ユーザがログアウトする際はこれらの制御器に空の文字列を書き込みます。

ローカル変数を作成する

既存のフロントパネルオブジェクトまたはブロックダイアグラム端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→ローカル変数を選択して、ローカル変数を作成します。そのオブジェクトのローカル変数アイコンがブロックダイアグラムに表示されます。

また、関数パレットからローカル変数を選択して、ブロックダイアグラムに配置することができます。以下のように表示されるローカル変数ノードは制御器または表示器にまだ関連付けられていません。

ローカル変数を制御器または表示器に関連付けるには、ローカル変数ノードを右クリックしてショートカットメニューから項目を選択を選択します。ショートカットメニューを展開すると、付属ラベルを持つすべてのフロントパネルオブジェクトが表示されます。

LabVIEWは、付属ラベルを使用してローカル変数をフロントパネルオブジェクトと関連付けるため、フロントパネル制御器および表示器には記述的な付属ラベルを付けてください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった