パフォーマンスおよびメモリを管理する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

このセクションでは、VIのパフォーマンスに影響する要素と、最高のパフォーマンスを実現するための手法を説明します。このセクションで説明するツールの1つとして、実行時間とVIのメモリの使用量に関するデータを表示するパフォーマンスおよびメモリをプロファイルウィンドウがあります。また、LabVIEWが使用するデータフローモデルでのメモリ管理、およびメモリを効率的に使用するVIを作成するためのヒントの概要について説明します。

メモ  LabVIEW VI Analyzer(VIアナライザ)ツールキットを使用して、VIのスタイル、効率性、その他のLabVIEWプログラミング関連事項を、対話的またはプログラム的に検証することができます。

性能およびメモリを管理するサンプルについては、labview\examples\Performanceディレクトリを参照してください。

関連する概念

パフォーマンスおよびメモリをプロファイルウィンドウを使用する

VIの実行速度

VIのメモリ使用

VIコードの複雑度

再入可能: 同じサブVIへの同時呼び出しを可能にする



関連する操作手順

VIの実行時間とメモリの使用量をプロファイルする

ビルドアプリケーションの実行速度を最適化する

32ビットWindowsで仮想メモリの容量を拡張する

エディタの応答性かVIの実行速度かを選択する

VIコンパイル時のメモリ不足エラーを解決する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった