使用するユーザインタフェースイベントのタイプを決定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWはユーザインタフェースイベントを「通知」と「フィルタ」の2つの異なる種類のイベントに分類します。これらのタイプのイベント、およびその使い分けを以下の表に示します。

イベントタイプ 説明 使用例
通知 通知イベントは、ユーザアクションが発生したことを通知します。 ユーザが制御器の値を変更したときに、イベントストラクチャを実行して、値変更イベントを処理するように構成することができます。 ユーザが特定の動作を行ったかどうかを判断するのみの場合は、通知イベントを使用します。
フィルタ フィルタイベントを使用すると、LabVIEWユーザインタフェースがそのイベントに関連するデフォルト動作を実行する前に、イベントデータを確認または変更することができます。また、変更によるVIへの影響を防ぐために、イベントそのものを破棄することができます。 ユーザがVIのフロントパネルを対話式に閉じるのを防ぐために、パネルを閉じる?イベントを破棄するようにイベントストラクチャを構成することができます。 ユーザ動作の処理に介入する必要がある場合はフィルタイベントを使用します。
メモ  フィルタイベントは通知イベントと区別しやすくするため、名前の最後に疑問符が付いています。イベントケースが放棄されていない場合、ほとんどのフィルタイベントの後に関連付けられた通知イベントが生成されます。通知イベントの名前はフィルタイベントの名前と同じですが、疑問符が付いていません。

通知イベントおよびフィルタイベントのデータフロー

通知イベントでは、LabVIEWがイベントを処理するよう構成された各イベントストラクチャにパラレルでそのイベントのコピーを送信します。

フィルタイベントでは、LabVIEWがイベント用に構成された各イベントストラクチャへイベントを順次に送信します。LabVIEWが各イベントストラクチャにイベントを送信する順番は、イベントが登録された順番によって決まります。各イベントストラクチャは、LabVIEWが次のイベントストラクチャに通知する前に、イベントケースを完了する必要があります。イベントストラクチャのケースがイベントデータを変更した場合、LabVIEWはチェーン内の後続のイベントストラクチャに変更されたデータを渡します。チェーン内のイベントストラクチャがイベントを破棄した場合、LabVIEWはチェーン内に残っているイベントストラクチャにイベントを渡しません。LabVIEWは、構成されたすべてのイベントストラクチャが一度も破棄せずにイベントを処理した場合にのみ、イベントをトリガしたユーザ動作の処理を完了します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった