LabVIEWプロジェクトでパックライブラリを使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWパックプロジェクトライブラリとは、複数のファイルを.lvlibpという拡張子を持つ1つのファイルをまとめたプロジェクトライブラリです。パックライブラリのトップレベルファイルは、プロジェクトライブラリとなります。デフォルトでは、パックライブラリの名前にはトップレベルプロジェクトライブラリの名前が使用されます。

LabVIEWプロジェクトのVIでパックライブラリをビルドする理由には、以下が挙げられます。

  • スタンドアロンアプリケーションをビルドする場合、アプリケーションの一部をパックライブラリにすることで、ビルド時間を短縮することができます。ファイルはパックライブラリによってプリコンパイルされるため、スタンドアロンアプリケーションをビルドする際にコンパイルする必要がなくなります。
  • 複数のファイルを1つのパックライブラリファイルにまとめることができるため、デプロイするべきファイルが少なくなります。
  • パックライブラリ内のエクスポートVIを呼び出すVIは、メモリ割り当ての変更に対応するため、発呼者VIを再コンパイルする必要はありません。

プロジェクトエクスプローラウィンドウで、ビルド仕様を右クリックしてショートカットメニューから新規→パックライブラリを選択すると、パックライブラリプロパティダイアログボックスが開くので、ここでパックプロジェクトライブラリをビルドするため設定を行います。

パックライブラリには、LabVIEWファイルのみが含まれます。LabVIEW以外のファイルは、デフォルトではパックライブラリと同じ場所に保存されます。LabVIEW以外のファイルの保存先を変更するには、出力先リストでサポートディレクトリを選択し、出力先パステキストボックスでパスを変更します。

プロジェクト内でプロジェクトライブラリをパックライブラリに置換するには、プロジェクトライブラリを右クリックしてショートカットメニューからパックライブラリで置換を選択します。パックライブラリで置換を選択すると、LabVIEWプロジェクトのプロジェクトライブラリのすべての発呼者VIが、パックライブラリの修飾名に更新されます。

パックプロジェクトライブラリのエクスポートVI

パックライブラリを開くと、エクスポートされたLabVIEW VIだけが表示されます。エクスポートされたVIとは、パブリックアクセススコープに指定されたプロジェクトライブラリのVI、またはパブリックまたは保護アクセススコープに指定されたLabVIEWクラスのVIです。

メモ  LabVIEWクラスからパックライブラリを作成するには、プロジェクトライブラリにLabVIEWクラスを追加して、そのプロジェクトライブラリからパックライブラリをビルドします。

パックライブラリのファイルのアクセススコープを確認するには、プロジェクトライブラリのファイルを右クリックしてショートカットメニューからアクセススコープを選択します。パックプロジェクトライブラリのファイルのアクセススコープを変更するには、LabVIEWプロジェクトで変更してパックプロジェクトライブラリを再ビルドする必要があります。

パックプロジェクトライブラリビルドのタイプ

パックライブラリは、リリースビルドまたはデバッグビルドとしてビルドできます。

リリースビルドはパックライブラリのデフォルトビルドです。パックライブラリにVIのブロックダイアグラムを含める必要がない場合は、ライブラリをリリースビルドとして作成します。VIがダイアログボックスではない場合は、パックライブラリプロパティダイアログボックスのソースファイル設定ページでフロントパネルを削除することもできます。

メモ  パックライブラリのリリースビルドのVIは、ブロックダイアグラムがないためデバッグできません。

パックライブラリにVIのブロックダイアグラムを含めるには、デバッグビルドとして作成します。パックライブラリでの問題をデバッグするには、デバッグビルドを使用します。既存のパックライブラリのVIには変更を保存できないため、元のVIに変更を保存して、パックライブラリを再ビルドします。

デバッグビルドを作成するには、パックライブラリプロパティダイアログボックスの上級ページでデバッグを許可チェックボックスをオンにします。

パックプロジェクトライブラリと発呼者VIの互換性

パックライブラリのVIで以下の変更を行う場合は、発呼者VIを再コンパイルする必要があります。

  • コネクタペーンのパターンを変更する場合。
  • コネクタペーンのダイナミックディスパッチ端子を変更する場合。
  • コネクタペーンで入力端子を出力端子に変更する場合、または出力端子を入力に変更する場合。
  • コネクタペーンでオプション入力を必須入力に変更する場合。
  • コネクタペーンで入力または出力のデータタイプを変更する場合。

あるターゲット用にコンパイルされたパックプロジェクトライブラリがVIにより呼び出されている時に、異なるオペレーティングシステムが実行している別のターゲットでそのVIを開くと、パックプロジェクトライブラリはロードされません。

スタンドアロンアプリケーション、共有ライブラリ、パックライブラリがパックライブラリのVIを呼び出す場合は、そのパックプロジェクトライブラリを他のビルド仕様と同じディレクトリに保存します。ビルド仕様がパックライブラリのVIを呼び出す場合、そのパックライブラリを最新バージョンに置換するためには、その最新バージョンのコネクタペーンがビルド仕様と互換性がなければなりません。

パックライブラリのエクスポートVIのコネクタペーンが、ビルド仕様のVIとの互換性を持たない場合は、ライブラリを再ビルドした後にビルド仕様を発呼者VIを使用して再ビルドします。

パックライブラリのVIでコネクタペーンの互換性に影響を与える変更を行うと、デフォルトでは発呼者VIに自動的に変更が反映されるため、ライブラリを呼び出すVIを再コンパイルする必要がありません。発呼者VIを再コンパイルするには、パックライブラリプロパティダイアログボックスのコネクタペーン状態発呼者がランタイムにエクスポートVIのコネクタペーン状態に適用するチェックボックスをオフにします。

(Real-Timeモジュール)パックライブラリのVIへの変更がコネクタペーンの互換性に影響を与える場合、デフォルトではライブラリを呼び出すVIを再コンパイルする必要があります。パックプロジェクトライブラリのVIを変更した時に、発呼者VIが再コンパイルされずに実行されることを防ぐためには、パックライブラリプロパティダイアログボックスのコネクタペーン状態発呼者がランタイムにエクスポートVIのコネクタペーン状態に適用するチェックボックスをオフにします。

パックプロジェクトライブラリプロパティ

パックライブラリのプロパティは、トップレベルプロジェクトライブラリと同じです。パックライブラリを変更するには再ビルドする必要があるため、プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスでプロパティを変更することはできません。プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスを開くには、パックライブラリを開いて.lvlibpファイルを右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択します。

プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスを更新するには、トップレベルプロジェクトライブラリのプロパティを変更し、パックライブラリを再ビルドします。

メモ  プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスのプロパティは、バージョン番号を除いてパックライブラリプロパティダイアログボックスと異なります。パックライブラリを作成するとき、パックライブラリプロパティダイアログボックスのバージョン情報ページのバージョン番号が、プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスの一般設定ページのバージョン番号よりも優先されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった