VIをプログラム的に制御する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIサーバでプログラム的にVIとLabVIEWを制御できます。ブロックダイアグラム、ActiveXテクノロジ、TCPプロトコルを介してVIサーバにアクセスできます。VIサーバの操作はローカルコンピュータ上やネットワークを介してリモートで実行できます。

プログラム的にVIを制御するサンプルについては、labview\examplesディレクトリを参照してください。

関連する概念

VIサーバの機能

VIサーバアプリケーションを作成する

アプリケーションとVIの設定を操作する

VIを動的にロードして呼び出す

VIを非同期で呼び出す

関連する操作手順

VIを非同期で呼び出す

VIサーバを構成する

VI呼び出しを構成する

フロントパネルオブジェクトをサブVIからプログラム的に制御する

VIサーバアプリケーションを作成する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった