LabVIEWプロジェクトでライブラリを使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LabVIEWプロジェクトライブラリは、その他のプロジェクトライブラリなど、VI、タイプ定義、シェア変数、パレットファイル、およびその他のファイルの集合体です。新規プロジェクトライブラリを作成および保存すると、プロジェクトライブラリファイル(.lvlib)が作成されます。このプロジェクトライブラリファイルには、プロジェクトライブラリのプロパティとプロジェクトライブラリが所有するファイルのリファレンスが含まれます。

メモ  パックプロジェクトライブラリは、アプリケーションビルダによって1つのファイルにまとめられたプロジェクトライブラリです。パックライブラリのファイルを修正するには、ファイル変更後にパックライブラリを再ビルドする必要があります。

プロジェクトライブラリを使用すると、ファイルを1つの階層で管理したり、VI名の重複を防止したり、特定のファイルへのパブリックアクセスを制限したり、ファイルグループに対する編集許可を制限したり、VIのグループに対してデフォルトパレットファイルを設定することができます。プロジェクトライブラリが所有する項目をプロジェクトエクスプローラウィンドウからブロックダイアグラムまたはフロントパネルへドラッグできます。

プロジェクトエクスプローラウィンドウまたはスタンドアロンのプロジェクトライブラリウィンドウで、プロジェクトライブラリの構成を表示できます。プロジェクトエクスプローラウィンドウが開いていない場合、プロジェクトライブラリファイルを右クリックし、ショートカットメニューから開くを選択すると、プロジェクトライブラリウィンドウでこのプロジェクトライブラリファイルを開くことができます。

メモ  選択するプロジェクトライブラリファイルがトップレベルのプロジェクトライブラリファイルでない場合、開いているスタンドアロンウィンドウが、トップレベルプロジェクトライブラリのプロジェクトライブラリウィンドウになります。選択するプロジェクトライブラリファイルは、トップレベルプロジェクトライブラリウィンドウのツリー内容にあります。

プロジェクトライブラリを使用して、項目の論理的な仮想階層を構成します。プロジェクトライブラリファイルは、VIを含む物理ディレクトリであるLLBとは異なり、所有する実際のファイルを含みません。プロジェクトライブラリに表示されているファイルは、ファイルが実際に保存されているディスク上のディレクトリに存在します。

プロジェクトライブラリを使用して、VIおよび他のLabVIEWファイルの名前を限定します。LabVIEWは、VIをファイル名によって認識します。そのため、複数のファイルに同じ名前がつけられていると、意図しないVIがロードされたり参照されたりする可能性があります。この問題は、クロスリンクと呼ばれます。プロジェクトライブラリに含まれているVIの名前は、LabVIEWによってプロジェクトライブラリ名が付加されるため、クロスリンクとなる恐れがありません。修飾名には、ファイル名および所有するプロジェクトライブラリの修飾名が含まれます。

たとえば、library1.lvlibに属するinit.viという名前のサブVIを含むcaller.viという名前のVIを作成する場合、クロスリンクの問題を起こさないで、library2.lvlibに属するinit.viという名前の別のサブVIを含めることもできます。caller.viを保存する場合にLabVIEWに記録される修飾名は、それぞれ、library1.lvlib:init.vilibrary2.lvlib:init.viです。

メモ  
  • 1つのVIは、1つのプロジェクトライブラリにのみ属することができます。ただし、複数のプロジェクトライブラリを使用すると、テキストファイルやHTMLファイルなどのLabVIEW特有でないファイルを関連付けられます。
  • 既にライブラリに属するファイルを別の新規ライブラリに追加しないようにします。ライブラリに既に関連付けられているファイルを新しいライブラリに追加する必要がある場合は、そのファイルの元のライブラリも新しいライブラリの追加する必要があります。そうしないとビルド出力は正しい出力先のフォルダにファイルを配置しますが、新しいライブラリにはそのファイルが含まれません。

プロジェクトライブラリでバージョン番号を指定して、一連のファイルに加えられた変更を長期にわたって区別することができます。プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスの一般設定ページでバージョン番号を設定し、定期的にバージョン番号を更新します。バージョン番号はプロジェクトライブラリ名に影響しません。

注意  プロジェクトライブラリの名前を変更するには、プロジェクトライブラリを右クリックし、ショートカットメニューから別名で保存を選択して別名で保存ダイアログボックスを開きます。LabVIEWの外でプロジェクトライブラリ名を変更すると、プロジェクトライブラリが壊れる可能性があります。

プロジェクトライブラリを使用して、特定の種類のファイルへのアクセスを制限することができます。プロジェクトライブラリの項目およびフォルダへのアクセスを構成してパブリックまたはプライベートにし、ユーザが特定の項目にアクセスできないようにすることができます。フォルダへのアクセスをプライベートに設定すると、そのフォルダ内のすべてのVIがプライベートアクセスになります。

プロジェクトライブラリをロックしたり、パスワードで保護することで、編集権限を制限することができます。プロジェクトライブラリをロックすると、ユーザはプライベートとして設定された項目を追加または削除したり、それらの項目を表示することができません。プロジェクトライブラリにパスワードを割り当てると、ユーザはパスワードなしでは項目を追加または削除したり、プロジェクトライブラリプロパティを編集できません。ユーザはプロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスを開くことはできますが、保護オプションを除くすべてのダイアログボックスの構成要素が無効になります。プロジェクトライブラリのロックを解除するか、またはパスワードを入力してダイアログボックスの構成要素を有効にする必要があります。プロジェクトライブラリのロックを解除する場合、プロジェクトライブラリを右クリックして、ショートカットメニューからパスワードを入力するを選択します。

メモ  LabVIEWプロジェクト内で、有効なライセンスがないライブラリのパスワードを入力した場合、項目をライブラリの外へドラッグアンドドロップできません。
メモ  プロジェクトライブラリにパスワード保護を追加しても、VI自体にはパスワード保護は追加されません。ブロックダイアグラムおよびフロントパネルに対して編集を制限する場合は、各VIに対してパスワード保護を割り当てる必要があります。混乱を避けるために、プロジェクトライブラリとプロジェクトライブラリが所有するVIに同じパスワードを使用することを検討してください。

プロジェクトフォルダからプロジェクトライブラリを作成できます。また、LLBをプロジェクトライブラリに変換することもできます。LLBにはプロジェクトライブラリと異なる機能や利点があるため、プロジェクトライブラリに変換するかどうかを決定する際に、LLBの用途を検討してください。プロジェクトライブラリファイルは、LLBに含めることができます。

プロジェクトライブラリにパレットファイル(.mnu)を追加すると、そのパレットファイルをプロジェクトライブラリに属するすべてのVIのデフォルトパレットファイルとして設定できます。プロジェクトライブラリのデフォルトパレットファイルは、関数パレットからブロックダイアグラム上に配置された多くのVIと関数のショートカットメニューで有効なソースパレットのように、プロジェクトライブラリに属する任意のVIを呼び出すサブVIを右クリックすると場合に、呼び出しショートカットメニューで有効なパレットです。ただし、ソースパレットとは異なり、プロジェクトライブラリのデフォルトパレットファイルには、VIが属するプロジェクトライブラリのVIを含める必要はありません。プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスの一般設定ページで、デフォルトパレットリング制御器のパレットファイルを選択します。また、項目設定ページでデフォルトパレットファイルを設定することもできます。目次ツリーで.mnuファイルを選択して、デフォルトパレットチェックボックスにチェックマークを付けます。

LabVIEWでシェア変数エンジン(SVE)にデプロイするプロジェクトライブラリは、プロセスと呼ばれます。対応するライブラリに影響せずに、プロセスまたはプロセス内のシェア変数に変更を行う操作は、オンライン構成です。対応するプロセスに影響せずに、ライブラリまたはライブラリ内のシェア変数に変更を行う操作は、オフライン構成です。シェア変数を変更するオフライン構成を使用する場合、ライブラリ内でVIを実行する前にSVEにライブラリを再度デプロイする必要があります。これにより、SVEはプロセスのシェア変数を更新できます。

プロジェクトライブラリを構成する

LabVIEWプロジェクトライブラリが所有するファイルの構造を作成することができます。プロジェクトライブラリの項目を整理すると、ソース管理を使用し、ファイル名の競合を避け、プロジェクトライブラリをパブリックとプライベートのアクセス領域に分ける上で便利です。

以下は、プロジェクトライブラリおよびプロジェクトライブラリが所有するファイルを構成する際の注意とアドバイスです。

  • プロジェクトライブラリを作成する際、1つの々のLabVIEWプロジェクト内に、そのプロジェクトライブラリに関連するファイル(サンプルファイルおよびプロジェクトライブラリを作成およびテストするために必要なファイルなど)のみを入れてください。また、プロジェクトとプロジェクトライブラリには類似したファイル名をつけてください。プロジェクトライブラリにいくつかの異なる領域の機能が含まれている場合、各領域に対してプロジェクトサブライブラリを使用することを検討してください。
  • 各プロジェクトライブラリに対して個別のファイルのディレクトリを作成してください。このディレクトリには、プロジェクトライブラリに属するファイルを置くことができます。複数のプロジェクトライブラリのファイルを1つのディレクトリに配置すると、複数のライブラリに同じ名前のVIを追加しようとしたとき競合が生じる場合があります。プロジェクトライブラリファイルを個別のディレクトリに配置すると、ディスク上の特定のプロジェクトライブラリに関連するファイルを簡単に認識できるようになります。
  • ロックされていないプロジェクトライブラリの項目の整理には、並べ替えオプションを使用することもできます。
  • プロジェクトライブラリに属するディスク上のファイルを移動する場合は、プロジェクトライブラリを再度開いて保存し、プロジェクトライブラリが移動された項目に正しくリンクしていることを確認します。
  • (Windows)プロジェクトライブラリを含むインストーラを作成する場合は、プロジェクトライブラリに属するファイルを必ずプロジェクトライブラリと同じドライブに保存してください。一部のファイルが異なるドライブ(ネットワークドライブなど)にあると、プロジェクトライブラリをインストーラに追加したときにプロジェクトライブラリのリンクが壊れる可能性があります。
  • ライブラリとライブラリによって宣言されている項目の間の競合を解決するには、プロジェクトルートを右クリックしてショートカットメニューからライブラリに不正に宣言されている項目を検索を選択します。この機能によって、ライブラリからの宣言を認識しない項目を検索できます。
  • プロジェクトライブラリのどの項目をプライブベートおよびパブリックに設定するかを決定してください。ユーザはプライベートVIを他のVIやアプリケーションで使用できません。パブリックの項目は、プロジェクトライブラリの機能のインタフェースとなります。これらの項目には、ユーザが検索および使用できるパレットVI、XControl、計測器ドライバ、およびツールなどが上げられます。プライベート項目には、サポートVI、著作権付きのファイル、およびユーザのコードを壊さずに後で編集する必要がある項目などが含まれます。以下の推奨事項を検討してください。
    • プロジェクトライブラリにprivateという名前のフォルダを作成します。プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスの項目設定ページで、フォルダのアクセス設定をプライベートに構成します。LabVIEWはprivateフォルダに追加されたプライベートライブラリのファイルをすべてプライベートに自動的に設定するので、各VIのアクセス設定を構成する必要がありません。
    • privateフォルダの外にあるプロジェクトライブラリファイルは、すべてパブリックであるとみなすことができます。パブリックファイル用にフォルダを作成する必要はありません。
    • また、プロジェクトライブラリ内で各機能のグループのフォルダを作成して、各機能のグループのフォルダ内にプライベートサブフォルダを追加することによって、プロジェクトライブラリでパブリックおよびプライベート項目を構成することができます。

プロジェクトサブライブラリ

プロジェクトサブライブラリは、他のプロジェクトライブラリによって所有されるプロジェクトライブラリです。所有するプロジェクトライブラリの設定は、プロジェクトサブライブラリ内のアクセス設定および項目の編集権限に影響を与えません。所有するプロジェクトライブラリ内でプライベートとしてプロジェクトサブライブラリファイル(.lvlib)のアクセスを設定することは可能ですが、プロジェクトサブライブラリ自体を編集する場合、サブライブラリが所有する項目はパブリックまたはプライベートアクセスの設定を保持します。

プロジェクトサブライブラリは、異なる領域の機能を持つプロジェクトライブラリを作成する際に便利です。たとえば、グラフィックツールのプロジェクトライブラリを作成する場合、2次元および3次元の描画ツールを異なるサブライブラリに分けることができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった