DataSocket関数を使用してライブデータを読み書きする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

ブロックダイアグラムで、DataSocket関数、(Real-Time、Windows)またはシェア変数ノードを使用してプログラム的にデータの読み取りや書き込みを行うことができます。これはデータ接続をカスタマイズしたり、動的に変更したい場合に有益です。DataSocket関数をシェア変数と使用して、シェア変数の読み書きをプログラム的に開始および停止、バッファサイズを指定、または読み取るシェア変数を動的に決定することができます。シェア変数制御器をDataSocket関数に配線して、入力シェア変数を選択します。

DataSocket書き込み」関数を使用して、ライブデータをプログラム的に書き込みます。以下のブロックダイアグラムは、数値を書き込む方法を示します。

「DataSocket書き込み」関数は多態性なので、接続に書き込むデータはLabVIEWデータタイプ、またはどの形式でも使用することができます。

DataSocket読み取り」関数を使用して、ライブデータをプログラム的に読み取ります。以下のブロックダイアグラムは、データを読み取って倍精度浮動小数点数に変換する方法を示しています。

「DataSocket読み取り」関数のタイプ入力に制御器または定数を配線して、ライブデータを特定のデータタイプに変換します。タイプを指定しないと、「DataSocket読み取り」関数のデータ出力はバリアントデータを返します。このバリアントデータは、「バリアントからデータに変換」関数で操作できます。

データ接続をプログラムで開閉する

DataSocketを開く」関数と「DataSocketを閉じる」関数を使用して、データ接続が開閉する際の制御を行います。「DataSocketを開く」関数を使用してデータ接続を開くと、「DataSocketを閉じる」関数を使用して明示的に接続を閉じるか、VIを閉じるか、VIの実行が停止するまで接続は開いたままになります。VIの実行を中止すると、すべてのサブVIのデータ接続も閉じられます。「DataSocketを開く」関数のURL入力は、有効なURLしか受け入れません。「DataSocketを開く」関数は、「DataSocket読み取り」関数および「DataSocket書き込み」関数のURL入力として使用できるデータ接続Refnumを返します。

データ接続にDataSocket関数を使用する例については、labview\examples\Data Communication\DataSocket\Simple DataSocket\Simple DataSocket.lvprojのVIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった