シェア変数により最新値をネットワークで共有する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

シェア変数とは、データを読み書きできるメモリ領域を指します。シェア変数は、単一プロセスのシェア変数を使用して1つのコンピュータで読み書きするか、またはネットワーク共有シェア変数(NI Publish-Subscribe Protocol(NI-PSP)を使用してネットワーク経由でデータを共有)を使用して複数のコンピュータで読み書きできます。シェア変数は、データセットの最新値のみを1つまたは複数のコンピュータとネットワーク上で共有する場合に使用します。

メモ  すべてのデータポイントを1つのコンピュータから他のコンピュータへ転送する場合は、コマンドを送信するか、ネットワークストリームを使ってデータを連続的にストリーミングすることを推奨します。各アプリケーションの要件に最適なネットワーク機能の詳細については、ネットワークを介してデータを転送するを参照してください。

通常、シェア変数により最新値をネットワークで共有するには次のタスクを実行する必要があります。

  1. シェア変数を作成します。
  2. シェア変数を構成します。
  3. シェア変数を読み書きできるようにアプリケーションをプログラミングします。
  4. シェア変数をネットワーク上で使用できるようにします。

Real-TimeおよびDSCモジュールによりシェア変数の機能を拡張する

LabVIEW Real-TimeおよびDSCモジュールを使用すると、シェア変数をより詳細に構成およびプログラミングすることができます。たとえば、Real-Timeモジュールではシェア変数のReal-Time FIFOを有効にすることができ、DSCモジュールではシェア変数のスケールおよびアラームプロパティを構成することができます。シェア変数の機能の拡張の詳細については、Real-TimeモジュールおよびDSCモジュールのヘルプを参照してください。

他の種類の変数を使用する

このブックでは、ネットワーク共有シェア変数を使用してネットワークを介して最新値を共有するプロセスを中心に説明しています。しかし、他の種類の変数を使用すると、次のようなタスクを実行することもできます。

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった