イベントストラクチャがイベントを監視する方法を選択する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LabVIEWは複数の異なるイベントを生成できます。イベントストラクチャで処理したいイベントを指定するには、イベント登録を使用します。イベントを登録すると、特定のイベントが発生した場合にLabVIEWが通知を送信します。LabVIEWでは、イベントをスタティックまたはダイナミックに登録することができます。スタティック登録を使用すると、LabVIEWが常にイベントをキューしてイベントが発生すると通知を送信します。たとえば、フロントパネルでマウス移動イベントをスタティック登録すると、LabVIEWはユーザがその制御器の上にマウスを移動するたびにこのイベントをキューします。ダイナミック登録を使用すると、指定した状況でイベントが発生したときにのみイベントをキューして通知を送信するようアプリケーションを設計することができます。たとえば、ユーザが特定のキーを押すまでマウス移動イベントを監視する必要がない場合などです。また、ダイナミック登録を使用すると、どのVIまたは制御器でイベントを生成するかを変更したり、LabVIEWがイベントを生成するVIではなくサブVIでイベントを処理することができます。

スタティックなイベント登録

LabVIEWは、イベントストラクチャが含まれているVIを実行する際、スタティック登録を自動的に実行します。各イベントストラクチャケースで処理したいVIのフロントパネル上のユーザインタフェースイベントを指定するようにイベントストラクチャを構成することができます。静的に登録されたイベントを処理するようにイベントストラクチャを構成するには、イベントを編集ダイアログボックスを使用します。

メモ  別のVIのフロントパネルのイベントを処理するようにイベントストラクチャを静的に構成することはできません。

スタティックなイベント登録を使用するサンプルについては、examples\Structures\Event Structure\Event Structure.lvprojを参照してください。

ダイナミックなイベント登録

ダイナミックなイベント登録を使用すると、イベントを生成するタイミング、生成するイベント、またLabVIEWがそれらのイベントを処理する場所を制御することができます。ダイナミックなイベント登録には以下の利点があります。

  • アプリケーションの異なる部分でイベントを登録することで、LabVIEWがイベントを生成するタイミングを制御することができます。たとえば、ユーザがグラフにデータをプロットするためボタンをクリックした後のグラフ上のマウス動作などの、特定の環境下で特定のイベントのみを監視したい場合です。スタティック登録を使用すると、マウス動作イベントは常に発生します。ダイナミックなイベント登録では、マウス動作イベントをユーザがグラフにデータをプロットするためにボタンをクリックした後に登録することができます。
  • ラインタイムで、どのVIまたは制御器がイベントを生成するか変更できます。LabVIEWがイベントを生成するオブジェクトを変更するには、ランタイムで登録情報を変更します。
  • LabVIEWでは、ユーザによるフロントパネルの直接操作なしにイベントを生成できます。ダイナミックなイベント登録を使用すると、ブロックダイアグラムから制御器の値を更新するなどのプログラム的変更を行うようにアプリケーションを設計することができ、LabVIEWはこれらの変更のイベントを生成します。スタティック登録の場合、イベントの生成にユーザによるLabVIEWの操作が必要です。
  • イベントは、それを生成するVIでだけでなく、サブVIで処理することもできるので、アプリケーションをモジュール化が可能です。たとえば、DAQアプリケーションで、イベントが生成されたVIですべてのVIを処理するのではなく、アプリケーション全体のすべてのユーザインタフェースイベントを処理するサブVI、すべてのカスタムイベントを処理するサブVI、すべてのDAQイベントを処理するサブVIを作成することができます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった