アイコンを使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

アイコンは、VIまたはプロジェクトライブラリを視覚的に表現するものです。

各VIでは、フロントパネルおよびブロックダイアグラムウィンドウの右上隅に以下のようなアイコンが表示されます。

デフォルトのアイコンには、LabVIEW起動後に開いた新規VIの数(最大9個)を示す数が表示されます。この数値が表示されないようにするには、ツール→オプション→フロントパネルを選択して、新規VIのアイコンに1‐9の番号を挿入チェックボックスをオフにします。

アイコンには、テキストまたは画像を使用できます。VIをサブVIとして使用する場合、アイコンによってVIのブロックダイアグラムのサブVIが区別されます。VIをパレットに追加する場合、VIアイコンも関数パレットに表示されます。

VIアイコンを編集するには、アイコンエディタダイアログボックスを使用します。アイコンエディタダイアログボックスを開くには、フロントパネルウィンドウまたはブロックダイアグラムウィンドウの右上隅のアイコンを右クリックします。

バナーを使用して複数のVIの関連性を示すことができます。ナショナルインスツルメンツでは、バナーをテンプレートとして作成、保存することをお勧めします。このテンプレートを関連するVIアイコンに使用し、アイコンのボディを変更して各VIの内容を表現することができます。

カスタム制御器のアイコンは、VIのアイコンと似ています。すべてのカスタム制御器の制御器エディタウィンドウの右上隅には以下のアイコンが表示されます。

制御器エディタウィンドウの右上隅のアイコンをダブルクリックすると、アイコンを編集するためのアイコンエディタダイアログボックスが表示されます。

プロジェクトライブラリのアイコンは、VIやカスタム制御器のアイコンと異なります。ライブラリアイコンは、ライブラリのすべてのオブジェクトのアイコンとして使用されます。ナショナルインスツルメンツでは、ライブラリアイコンにはバナーを1つだけ作成することをお勧めします。プロジェクトライブラリアイコンに対しては、たとえば以下のようなバナーを作成できます。

ライブラリの各オブジェクトのアイコンに共通のバナーを使用し、アイコンのボディを変更して各オブジェクトの内容を表現できます。

プロジェクトライブラリのアイコンを表示または編集するには、プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスの一般設定ページを使用します。

ステートチャート、クラスXControlのアイコンは、プロジェクトライブラリのアイコンに似ています。ステートチャート、クラス、XControlのアイコンを表示または編集するには、プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックス、クラスプロパティダイアログボックス、XControlプロパティダイアログボックスの一般設定ページを使用します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった