LabVIEWでプロジェクトを管理する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LabVIEWのプロジェクトは、正しく動作するために必要なVIとファイル、およびドキュメントや関連リンクなどの補助的なファイルで構成されます。プロジェクトエクスプローラウィンドウを使用して、LabVIEWプロジェクトを管理します。プロジェクトエクスプローラウィンドウで、フォルダライブラリを使用して項目をまとめてグループ化すると、依存項目というVI階層のリストを使用し、VIが依存している項目の経過確認ができます。

プロジェクトエクスプローラウィンドウを使用する

プロジェクトを編集するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウを使用します。プロジェクトエクスプローラウィンドウを表示するには、新規プロジェクトを作成します。また、ファイル→プロジェクトを開くを選択して、既存のプロジェクトを開くこともできます。

以下に示すとおり、プロジェクトエクスプローラウィンドウには、項目ページとファイルページの2つが含まれています。

項目ページでは、プロジェクト項目がプロジェクトツリーのとおりに表示されます。ファイルページには、ディスク上に対応するファイルが保存されているプロジェクト項目が表示されます。このページでファイル名およびフォルダを管理できます。ファイルページでの操作に応じて、ディスク上の内容が反映および更新されます。ターゲットの下にあるフォルダまたは項目を右クリックし、ショートカットメニューから項目ビューで表示またはファイルビューで表示を選択すると、プロジェクトウィンドウのページ間で表示を切り替えることができます。

プロジェクトエクスプローラウィンドウには、デフォルトで以下の項目が含まれています。

  • プロジェクトルートプロジェクトエクスプローラウィンドウのすべての他の項目が含まれます。プロジェクトルートのこのラベルには、プロジェクトのファイル名が含まれます。
    • マイ コンピュータ―ローカルコンピュータをプロジェクトのターゲットとして表します。
      • 依存項目ターゲットのVIが必要とする項目(他のVI、共有ライブラリ、LabVIEWプロジェクトライブラリなど)が含まれます。
      • ビルド仕様―ソース配布のビルド構成、およびLabVIEWツールキットとモジュールで使用できる他のビルドの種類が含まれます。LabVIEWプロフェッショナル開発システムまたはLabVIEWアプリケーションビルダがインストールされている場合は、ビルド仕様を使用して次のものを構成することができます。
        • スタンドアロンアプリケーション
        • インストーラ
        • .NET Interopアセンブリ
        • パックライブラリ
        • 共有ライブラリ
        • ソース配布
        • ウェブサービス
        • zipファイル

プロジェクトエクスプローラウィンドウの依存項目およびビルド仕様の項目を非表示にします。例えばアプリケーションや共有ライブラリの作成など、いずれかの項目を非表示にする場合、その項目にアクセスするには再びその項目を表示する必要があります。

プロジェクトに他のターゲットを追加すると、プロジェクトエクスプローラウィンドウでターゲットを表す追加項目が作成されます。各ターゲットには、依存項目およびビルド仕様も含まれます。各ターゲットの下にファイルを追加できます。

プロジェクトエクスプローラウィンドウから、開いている他のVIのブロックダイアグラムにVIを配置できます。プロジェクトエクスプローラウィンドウからサブVIとして使用するVIを選択し、別のVIのブロックダイアグラムにドラッグします。

また、プロジェクトプロパティおよびメソッドを使用して、プロジェクトおよびプロジェクトエクスプローラウインドウをプログラム的に構成したり、変更することもできます。

プロジェクト内の項目を整理する

プロジェクトで項目を整理する際の注意とアドバイスを以下に示します。

  • 並べ替えオプションを使用してプロジェクトの項目を並べ替えることができます。並べ替えオプションは、プロジェクト内の項目に自動的に適用され、ディスク上のプロジェクトの配置には影響しません。並べ替えオプションは、プロジェクト内で項目を整理、管理するために使用します。
  • 各プロジェクトに対して、個別のファイルのディレクトリを作成します。プロジェクトファイルを個別のディレクトリに整理すると、ディスク上の特定のプロジェクトに関連するファイルを簡単に識別できるようになります。
  • ディスク上のディレクトリは、仮想フォルダのプロジェクトの構造には一致しません。仮想フォルダのプロジェクトにディスク上のディレクトリを追加した後、ディスク上のディレクトリに変更を加えても、プロジェクトのフォルダは更新されません。自動更新フォルダのプロジェクトにディスク上のディレクトリを追加すると、プロジェクト内でディスク上の変更を監視して更新できます。
  • (Windows)インストーラを作成している場合、プロジェクト内のファイルをプロジェクトファイル(.lvproj)と同じドライブに必ず保存してください。ネットワークドライブなど、一部のファイルが異なるドライブにある場合、プロジェクトのリンクはプロジェクトをインストーラに含めると壊れる可能性があります。
  • ソース配布のファイルの構造は、プロジェクトエクスプローラウィンドウの構造と一致する必要はありません。ソース配布を作成する際に、異なる構造を指定できます。
  • 依存項目は、プロジェクトの項目を追加、削除、保存すると、自動的に更新されます。依存項目に直接ファイルを追加したり、削除したりすることはできません。各項目が依存するファイルが確実に依存項目に表示されるように、プロジェクトに追加したすべての項目の階層が自動的にトラッキングされます。
  • プロジェクトを開いたときにVIが動的に呼び出す項目は依存項目には表示されません。発呼者を実行したときにダイナミックにロードされる項目は、依存項目の下のメモリ内の項目に表示されます。これらの項目は、ターゲットの下に手作業で追加して、プロジェクト内で管理することができます。
  • アプリケーションをビルドする場合、設定をフォルダ全体に適用できます。ターゲットの下のフォルダにあるすべてのダイナミック項目をグループ化することを検討してください。
  • プロジェクトでは、異なるパスで同じ修飾名の複数の項目がプロジェクトに存在する場合、競合が発生することがあります。競合する項目には、黄色い三角の警告マークが表示されます。競合を解決ボタンをクリックすると、プロジェクトの競合を解決ダイアログボックスが開き、プロジェクトの競合の概要が表示されるので、プロジェクトの競合を解決することができます。

プロジェクト項目をメモリにロードする

プロジェクトを開くと、LabVIEWはディスク上のプロジェクト項目の場所を検索し、プロジェクトツリーに表示します。その後、以下のライブラリ(依存項目の下のライブラリを含む)をメモリにロードします。

ライブラリのロードでは、ライブラリのメンバーを以下のいずれかとしてメモリにロードします。

ライブラリファイル メンバーVIをロードする? メンバータイプ定義をロードする? メンバーライブラリをロードする?
プロジェクトライブラリ(.lvlib) いいえ プロジェクトライブラリ内のシェア変数が使用するタイプ定義のみ はい
パックプロジェクトライブラリ(.lvlibp) はい はい はい
メモ  メンバーライブラリのロードではメンバーライブラリのすべてのメンバーVIがロードされる。
クラスライブラリ(.lvclass) はい はい はい
XControlsライブラリ(.xctl) 機能VI、プロパティVI、メソッドVIのみ データと状態のタイプ定義のみ はい
ステートチャートライブラリ(.lvsc) いいえ いいえ はい

メモリ内のVIを表示するには、VI階層ウィンドウを使用します。ライブラリが特定のVIまたはタイプ定義をメモリにロードすると、ロードしなかったVIを含むすべてのVI階層もロードされます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった