レイヤを使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

レイヤは、アイコンの重なっている部分を別々に編集する際に使用します。アイコンのレイヤ情報は、関連するVIまたはライブラリと共に保存されます。

アイコンエディタダイアログボックスのレイヤページでは、アイコンのレイヤの名前、不透明度、表示/非表示、順序を設定できます。レイヤページを開くには、アイコンエディタダイアログボックスでツール→レイヤページを表示を選択します。

アイコンエディタダイアログボックスのレイヤページは、3つのセクションに分かれています。一番上のセクションには、アイコンテキストレイヤが表示されます。このレイヤには、アイコンエディタダイアログボックスのアイコンテキストページで入力したテキストがすべて表示されます。アイコンテキストレイヤは、アイコンで一番手前に表示されるレイヤです。

レイヤページの2番目のセクションには、すべてのユーザレイヤが表示されます。アイコンエディタダイアログボックスでは、アイコンにグリフを追加するたび、またダイアログボックスの右側部分で編集ツールの使用を開始するたびに新しいレイヤが作成されます。編集ツールの使用中に手動で新しいユーザレイヤを作成するには、レイヤ→レイヤを新規作成を選択します。

各ユーザレイヤーを選択するには、レイヤページでプレビューをクリックするか、アイコンエディタダイアログボックスプレビュー領域での移動ツールを使用します。レイヤを選択すると、選択したレイヤが際立つようにアイコンの他の部分が淡色表示になります。選択したレイヤは、他のすべてのレイヤとは独立してアイコンエディタダイアログボックスの右側部分で編集ツールを使用して変更できます。

ユーザレイヤの順序は変更可能です。レイヤの順序を変更するには、1つまたは複数のレイヤを選択して上に移動ボタンまたは下に移動ボタンをクリックします。レイヤメニューには、選択した複数のユーザレイヤまたはアイコンのすべてのユーザレイヤを1つに統合するためのオプションがあります。アイコンのすべてのユーザレイヤを削除するには、編集→ユーザレイヤをクリアを選択します。アイコンエディタダイアログボックスを閉じると同時にすべてのレイヤを統合するには、アイコンエディタプロパティダイアログボックスのレイヤページですべてのレイヤをコミット時に統合するチェックボックスをオンにします。LabVIEWはアイコンのレイヤ情報を対応するVIまたはライブラリと保存するため、アイコンレイヤを統合するとディスク上でVIまたはライブラリのサイズが減少します。

レイヤページの3番目のセクションには、アイコンテンプレートレイヤが表示されます。このレイヤは、アイコンエディタダイアログボックスのテンプレートページで選択したアイコンテンプレートです。アイコンテンプレートレイヤは、アイコンで一番下に表示されるレイヤです。

レイヤページには、各レイヤのプレビュー、不透明度、表示/非表示が表示されます。アイコンテキストレイヤまたはアイコンテンプレートレイヤの名前は変更できません。ユーザレイヤの名前は変更できます。グリフレイヤのデフォルト名は、グリフのファイル名(拡張子以外)です。編集ツールの使用開始時に作成されるレイヤのデフォルト名はツールです。

レイヤの透明度または不透明度を調節するには、青い不透明度スライダをクリックしてドラッグします。レイヤの表示と非表示を切り替えるには、表示?アイコン()をクリックします。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった