LabVIEWでソース管理を使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ソース管理プロバイダを使用すると、複数のユーザ間でファイルを共有したり、共有プロジェクトの変更を追跡できる上に、セキュリティや品質が向上します。LabVIEWを他社のソース管理プロバイダと使用して、LabVIEWからファイルをチェックアウトしたり、変更記録ができるようになります。ツール→ソース管理を選択して、LabVIEWの一般的なソース管理機能にアクセスします。LabVIEWプロジェクトのファイルまたは個々のVIをソース管理で使用できます。

メモ  ソース管理はプロフェッショナル開発システムのみで使用できます。

ソース管理プロバイダを使用すると、ソフトウェアプロジェクトの管理や、複数ユーザおよび複数ソフトウェアプロジェクト間でのファイルの共有が簡単になります。プロバイダは、プロジェクトファイルのマスターコピーを中央管理します。変更を加えると、マスターコピーにその変更が反映され、すべてのユーザが最新バージョンのプロジェクトファイルにアクセスできるようになります。また、ソース管理プロバイダによって、すべてのコードに簡単にアクセスできるようになるため、コードの再利用が促進されます。

ソース管理(またはソースコード管理)は、セキュリティおよび品質を向上する上で役立ちます。ファイルを修正する場合、ファイルをチェックアウトして、編集する必要があります。ファイルを編集し終わったら、ソース管理プロジェクトのマスターコピーの一部になるファイルの最新バージョンをチェックインします。通常のソース管理プロバイダでは、誤った変更を加えたファイルをチェックインした場合にも、前のバージョンのファイルにアクセスしてリビジョンを取り消すことが可能です。

ソース管理プロバイダを使用すると、ソフトウェアプロジェクトでの変更を記録することができます。ファイルをチェックインすると、プロバイダは変更の説明の入力を要求するプロンプトを表示します。この情報は、ソース管理プロバイダによって維持され、プロジェクトの進行を明確にドキュメント化することができます。ソース管理の各ファイルのリビジョン履歴を表示できます。

ヒント  並べ替えオプションを使用してプロジェクトの項目を整理することができます。並べ替えオプションによって、ディスク上のプロジェクトの配置が変更されることはありません。したがって、ソース管理にプロジェクトをサブミットする際の変更内容の統合と比較の対象項目が少なくなります。

ソース管理プロバイダは、ソースコード以外のソフトウェアプロジェクト管理にも使用できます。たとえば、ソース管理プロバイダを使用して、機能の仕様やその他のドキュメントに加えられた変更を記録することができます。

LabVIEWと使用する他社のソース管理プロバイダを選択したら、そのプロバイダに対するLabVIEWの設定を構成することができます。

LabVIEWで利用可能でないソース管理操作を行いたい場合、特定の機能用に直接ソース管理プロバイダーから作業してください。

ソースコードの管理および制御方法の詳細については、ni.comの「LabVIEWにおけるソフトウェア構成管理(SCM)」の記事を参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった