パラメータでエラー出力の標準機能を使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIや関数などのLabVIEWのノードの多くには、VIにエラーI/Oを設定してエラーを管理するためのエラー出力パラメータが含まれています。これらのパラメータは、通常、同じ標準の機能を提供します。ノードが異なるパラメータ機能を保証する場合、例外として、そのノードの参考資料に記載されています。

標準エラー出力機能は以下のとおりです。

エラー出力には、エラー情報が含まれます。エラー入力がこのVIまたは関数の実行前にエラーが発生したことを示す場合、エラー出力にも同じエラー情報が含まれます。それ以外の場合は、そのVIまたは関数が生成するエラーステータスを示します。エラー出力フロントパネル表示器を右クリックし、ショートカットメニューからエラーの説明を選択すると、エラーの詳細が表示されます。

エラー出力には以下のクラスタ要素が含まれます。

ステータスは、エラーが発生した場合はTRUE(X)、警告が発生した場合またはエラーなしの場合はFALSE(チェックマーク)になります。
コードはエラーコードまたは警告コードです。ステータスがTRUEの場合、コードエラーコードになります。ステータスがFALSEの場合、コードは0または警告コードです。
ソースは、エラーまたは警告が発生した場所を示し、ほとんどの場合、エラーまたは警告が発生したノードの名前です。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった