その他の除外項目ページ(アプリケーションプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

アプリケーションプロパティダイアログボックスのこのページでは、スタンドアロンアプリケーションのサイズを縮小するための設定を行います。サイズを縮小することで、生成されたビルドをロードするときのロード時間を短縮し、メモリ使用量を節約できます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • タイプ定義を接続解除—ビルドプロセスの出力時に制御器からのタイプ定義を省略するかどうかを指定します。 多数のVIをもつアプリケーションでこのオプションを選択すると、ビルド出力のメモリ使用が減る可能性があります。
  • 未使用の多態性VIのインスタンスを削除—ビルドプロセス中に未使用の多態性VIインスタンスを削除するよう指定します。 ビルドに含めるVIのブロックダイアグラムに多態性VIの1つのインスタンスを追加すると、その多態性VIの他のインスタンスもビルドにすべて追加されます。 このチェックボックスをオンにすると、アプリケーションビルダによって、ブロックダイアグラムで直接呼び出されない多態性VIインスタンスがすべて削除されます。 多態性VIのインスタンスの1つを動的にロードする場合は、動的にロードするべき多態性VIインスタンスがアプリケーションビルダによってビルドから除外されないように、このオプションを無効にしてください。 このチェックボックスをオフにすると、アプリケーションのサイズが増加する場合があります。
  • プロジェクトライブラリの未使用のメンバーを削除—ビルドプロセス中に未使用のプロジェクトライブラリメンバーを削除するよう指定します。 このチェックボックスをオンにすると、ブロックダイアグラムで直接呼び出すライブラリのVIだけがビルドに組み込まれます。 このオプションを有効にすると、VIがビルドの一部であるその他のVIによって参照されていない限り、同じプロジェクトライブラリが参照する他のVIが除外されるため、アプリケーションサイズを小さくできます。
    • 未使用のメンバーを削除した後にプロジェクトライブラリファイルを修正—プロジェクトライブラリの使用していないメンバーを削除するように設定した場合、このチェックボックスをオンにして、ライブラリファイルが削除されたメンバーを参照しないようにLabVIEWに指示します。 プロジェクトライブラリを変更しないと、アプリケーションのビルドに時間がかかる可能性があります。

  • 未使用のインラインサブVIを接続解除—このチェックボックスをオンにした場合、LabVIEWは生成したビルドをロードする際、未使用のインラインサブVIをメモリにロードしないため、ロード時間が短縮され、メモリの使用量が減少します。 LabVIEWは、ビルド内のVIがサブVIをサブVIノード経由でスタティックに呼び出すだけの場合に、そのインラインVIを未使用とみなします。 ダイアログボックスの上級ページでビルド仕様のデバッグを無効にしていない限り、LabVIEWは使用されていないインラインサブVIを接続解除しません。 また、使用されていないインラインサブVIからブロックダイアグラムを削除する必要もあります。そうでない場合は、LabVIEWは使用されていないインラインサブVIを接続解除しません。
    メモ 使用されていないインラインサブVIがクラスのメンバーの場合は、未使用のインラインサブVIを接続解除チェックボックスをオンにしている場合でも、そのサブVIは生成されるビルド出力のロード時にメモリにロードされます。
  • 依存パックライブラリを除外—ビルド出力内の全体ファイル数を減らすように指定します。 このチェックボックスをオンにした場合、他のビルド出力からリンクした依存パックプロジェクトライブラリのコピーが除外されます。 依存パックプロジェクトライブラリを除外するために、ビルド時に元の依存パックプロジェクトライブラリをコピーする代わりに、その相対リンクが保持されます。 たとえば、最初のビルド出力を作成した後、2回目のビルド出力を作成する場合、2回目のビルド出力を最初のビルド出力内のファイルに相対リンクすることができます。 このチェックボックスをオフにした場合、依存パックライブラリファイルへの相対リンクは保持されず、リンクされた依存パックライブラリファイルがコピーされます。
  • 依存共有ライブラリを除外—ビルド出力内の全体ファイル数を減らすように指定します。 このチェックボックスをオンにした場合、他のビルド出力からリンクした依存共有ライブラリのコピーが除外されます。 依存共有ライブラリを除外するために、ビルド時に元の依存共有ライブラリをコピーする代わりに、その相対リンクが保持されます。 たとえば、最初のビルド出力を作成した後、2回目のビルド出力を作成する場合、2回目のビルド出力を最初のビルド出力内のファイルに相対リンクすることができます。 このチェックボックスをオフにした場合、依存パックプロジェクトライブラリへの相対リンクは保持されず、リンクされた依存パックプロジェクトライブラリがコピーされます。
    メモ 複数のビルド出力からリンクされている元のファイルを削除した場合、それらの出力は正しくロードされない場合があります。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった