その他の除外項目ページ(ソース配布プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

ソース配布プロパティダイアログボックスのこのページを使用して、ソース配布のサイズを縮小し、生成されたビルドをロードするときのロード時間を短縮し、メモリ使用量を削減するように設定を構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • タイプ定義を接続解除—ビルドプロセスの出力時に制御器からのタイプ定義を省略するかどうかを指定します。 多数のVIをもつアプリケーションでこのオプションを選択すると、ビルド出力のメモリ使用が減る可能性があります。
  • 未使用の多態性VIのインスタンスを削除—ビルドプロセス中に未使用の多態性VIインスタンスを削除するよう指定します。 ビルドに含めるVIのブロックダイアグラムに多態性VIの1つのインスタンスを追加すると、その多態性VIの他のインスタンスもビルドにすべて追加されます。 このチェックボックスをオンにすると、アプリケーションビルダによって、ブロックダイアグラムで直接呼び出されない多態性VIインスタンスがすべて削除されます。 多態性VIのインスタンスの1つを動的にロードする場合は、動的にロードするべき多態性VIインスタンスがアプリケーションビルダによってビルドから除外されないように、このオプションを無効にしてください。 このチェックボックスをオフにすると、アプリケーションのサイズが増加する場合があります。
  • プロジェクトライブラリの未使用のメンバーを削除—ビルドプロセス中に未使用のプロジェクトライブラリメンバーを削除するよう指定します。 このチェックボックスをオンにすると、ブロックダイアグラムで直接呼び出すライブラリのVIだけがビルドに組み込まれます。 このオプションを有効にすると、VIがビルドの一部であるその他のVIによって参照されていない限り、同じプロジェクトライブラリが参照する他のVIが除外されるため、アプリケーションサイズを小さくできます。
    • 未使用のメンバーを削除した後にプロジェクトライブラリファイルを修正—プロジェクトライブラリの使用していないメンバーを削除するように設定した場合、このチェックボックスをオンにして、ライブラリファイルが削除されたメンバーを参照しないようにLabVIEWに指示します。 プロジェクトライブラリを変更しないと、アプリケーションのビルドに時間がかかる可能性があります。

  • 未使用のインラインサブVIを接続解除—このチェックボックスをオンにした場合、LabVIEWは生成したビルドをロードする際、未使用のインラインサブVIをメモリにロードしないため、ロード時間が短縮され、メモリの使用量が減少します。 LabVIEWは、ビルド内のVIがサブVIをサブVIノード経由でスタティックに呼び出すだけの場合に、そのインラインVIを未使用とみなします。 ダイアログボックスの上級ページでビルド仕様のデバッグを無効にしていない限り、LabVIEWは使用されていないインラインサブVIを接続解除しません。 また、使用されていないインラインサブVIからブロックダイアグラムを削除する必要もあります。そうでない場合は、LabVIEWは使用されていないインラインサブVIを接続解除しません。
    メモ 使用されていないインラインサブVIがクラスのメンバーの場合は、未使用のインラインサブVIを接続解除チェックボックスをオンにしている場合でも、そのサブVIは生成されるビルド出力のロード時にメモリにロードされます。
  • 依存パックライブラリを除外—ビルド出力内の全体ファイル数を減らすように指定します。 このチェックボックスをオンにした場合、他のビルド出力からリンクした依存パックプロジェクトライブラリのコピーが除外されます。 依存パックプロジェクトライブラリを除外するために、ビルド時に元の依存パックプロジェクトライブラリをコピーする代わりに、その相対リンクが保持されます。 たとえば、最初のビルド出力を作成した後、2回目のビルド出力を作成する場合、2回目のビルド出力を最初のビルド出力内のファイルに相対リンクすることができます。 このチェックボックスをオフにした場合、依存パックライブラリファイルへの相対リンクは保持されず、リンクされた依存パックライブラリファイルがコピーされます。
  • 依存共有ライブラリを除外—ビルド出力内の全体ファイル数を減らすように指定します。 このチェックボックスをオンにした場合、LabVIEWがコピーする共有ライブラリの数が制限されます。 最初のビルド出力を作成した後、別のビルド出力からそのビルド出力内のファイルにリンクした場合、従来であれば、LabVIEWはリンクされたファイルをコピーします。 コピーするファイル数を制限するために、LabVIEWは、ビルド時にそれらのファイルをコピーせずに、元ファイルへの相対リンクを保持します。
    メモ 複数のビルド出力がリンクされている元のファイルを移動した場合、その元のファイルの移動先によっては、それらのビルド出力が正しくロードされない場合があります。
  • vi.libからファイルを除外vi.libディレクトリのすべてのファイルをソース配布から除外します。
  • instr.libからファイルを除外instr.libディレクトリのすべてのファイルをソース配布から除外します。
  • user.libからファイルを除外user.libディレクトリのすべてのファイルをソース配布から除外します。
    メモ ソース配布のプロパティダイアログボックスのソースファイルページで常に含むとしてファイルを選択していない場合、vi.libinstr.libuser.libにあるファイルのみが除外されます。
  • コンパイルされたコードのオプション
    • コンパイルされたコードを維持—デフォルトでは、ソース配布に含めるすべてのファイルのソースコードとオブジェクトコードが含まれた1つのファイルが作成されます。
    • コンパイルコードを削除—ソース配布に含めるすべてのファイルからコンパイルコードを分離します。
      メモ ソース配布により生成されるVIをLabVIEWランタイムエンジンにロードする予定がある場合は、コンパイルコードを分離しないでください。
    • 各VIまたはライブラリのファイル設定を維持—ソース配布の各ファイルの設定を維持します。 たとえば、ソースのみVIと、コンパイルコードをソース配布内に保持するVIの両方を含める場合に各ファイルの元の設定を維持するには、このオプションを使用します。
  • コンパイルされたコードを維持—デフォルトでは、ソース配布に含めるすべてのファイルのソースコードとオブジェクトコードが含まれた1つのファイルが作成されます。

編集可能ソース配布およびランタイムソース配布をビルドする

  • 編集可能ソース配布—パッケージ化して別のLabVIEW開発環境で使用するためにコードを送信するには、このタイプのソース配布をビルドします。 LabVIEWのデフォルトオプションは、主にこの使用ケースをサポートします。 これらのソース配布は編集可能なので、最適化のためのコンポーネントのほとんどはオフになっています。 さらに最適化が必要な場合は、デフォルトのコンポーネントを変更できます。
  • ランタイムソース配布—スタンドアロンアプリケーションにロードするプラグインにするためには、このタイプのソース配布をビルドします。 通常はランタイムソース配布はスタンドアロンアプリケーションに含めるため、この使用ケースのソース配布ではコードを編集しないでください。 ディスク上の出力サイズを小さくするには、ランタイムソース配布を最適化用に構成します。

コンポーネント 編集可能ソース配布 ランタイムソース配布
タイプ定義を接続解除 このチェックボックスをオフにします。 この使用ケースでは、コードをソース配布用に編集できるので、タイプ定義を維持します。 最適化に不必要なファイルを含めないようにするには、このチェックボックスをオンにします。
未使用の多態性VIのインスタンスを削除 このチェックボックスをオフにします。 この使用ケースでは、コードをソース配布用に編集できるので、未使用の多態性VIのインスタンスを維持します。 最適化のために、未使用の多態性VIのインスタンスを削除するには、このチェックボックスをオンにします。
プロジェクトライブラリの未使用のメンバーを削除 このチェックボックスをオフにします。 ソース配布用のコードはLabVIEW開発環境にロードされるので、元のライブラリを維持します。 最適化に不必要なファイルを含めないようにするには、このチェックボックスをオンにします。
未使用のメンバーを削除した後にプロジェクトライブラリファイルを修正
  • ソース配布と、ソース配布をロードするスタンドアロンアプリケーションに同じソースライブラリのVIが含まれている場合は、このチェックボックスをオフにしてください。 このチェックボックスをオフにしない場合、アプリケーションは、ソース配布と共有しているライブラリをロードして、修正します。 さらに、ライブラリからはソース配布のVIへのリファレンスがなくなり、ソース配布のVIはアプリケーションにロードされたときに壊れてしまいます。

    たとえば、「平均」VIを含んだソース配布を、「中央値」VIを含んだスタンドアロンアプリケーション内に含めたい場合で、「平均」VIと「中央値」VIが同じプロジェクトライブラリに属している場合は、スタンドアロンアプリケーションのビルド時にこのチェックボックスをオフにします。 そうしないと、未使用のメンバを削除して、ライブラリファイルを変更した後、スタンドアロンアプリケーションのプロジェクトライブラリには、「中央値」VIへのリファレンスしか含まれなくなります。 スタンドアロンアプリケーションがソース配布をロードしたときに、スタンドアロンアプリケーション内のライブラリには「平均」VIへのリファレンスが含まれていないので、「平均」VIはロード時に壊れます。
  • ソース配布とロードするスタンドアロンアプリケーションに、同じライブラリに属するVIが含まれていない場合は、ファイルサイズを小さくするために、このチェックボックスをオンにします。
vi.libからファイルを除外 このチェックボックスをオンにします。 LabVIEWがソース配布用のコードをLabVIEW開発環境にロードするので、vi.libからファイルを除外します。 このチェックボックスをオフにします。 ソース配布を呼び出すスタンドアロンアプリケーションにはvi.libディレクトリが含まれていないので、ソース配布にすべてのファイル依存関係が含まれている必要があります。
instr.libからファイルを除外このチェックボックスをオンにします。 LabVIEWがソース配布用のコードをLabVIEW開発環境にロードするので、instr.libからファイルを除外します。このチェックボックスをオフにします。 ソース配布を呼び出すスタンドアロンアプリケーションにはinstr.libディレクトリが含まれていないので、ソース配布にすべてのファイル依存関係が含まれている必要があります。
user.libからファイルを除外このチェックボックスをオンにします。 LabVIEWがソース配布用のコードをLabVIEW開発環境にロードするので、user.libからファイルを除外します。このチェックボックスをオフにします。 ソース配布を呼び出すスタンドアロンアプリケーションにはuser.libディレクトリが含まれていないので、ソース配布にすべてのファイル依存関係が含まれている必要があります。
コンパイルコードを維持 このオプションは、無効にするか、またはオンのままにしておくことができます。 すべてのファイルでソースファイルとオブジェクトコードを1つのファイルに格納する場合は、このオプションをオンにします。 すべてのファイルで、ソースコードとオブジェクトコードを分離する場合は、このオプションをオフにします。 オンにします。 LabVIEWランタイムエンジンがすべてのファイルを確実にロードできるようにするには、すべてのファイルでソースコードとオブジェクトコードが1つのファイルに格納されている必要があります。
コンパイルコードを削除 ファイルサイズを小さくするには、オンにします。 コンパイルコードを削除した場合、LabVIEWはユーザに保存を要求せずに自動変更または変異変更を処理します。 オフにします。 LabVIEWランタイムエンジンは、分離されたコンパイルコードが格納されているコンパイルされたオブジェクトキャッシュからファイルをロードすることはできません。
各VIまたはライブラリのファイル設定を維持 含める各ファイルの個々の設定をソース配布内に保持するには、オンにします。 このオプションにより、ソース配布に含めるファイルを柔軟に扱えるようになります。 分離したコンパイルコードなしでファイルを含め、各ファイルの個々の設定を保持するには、オンにします。 LabVIEWランタイムエンジンは、ソースのみのファイルをロードできません。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった