上級ページ(インストーラプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム (Windows)

インストーラプロパティダイアログボックスのこのページでは、インストーラビルドの詳細な環境設定が行えます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • メディアスパニングを有効—このチェックボックスをオンにして、CDやDVDなどの製品を保管するメディアのタイプを指定します。 デフォルトでは、アプリケーションビルダはインストーラを1つのボリュームに作成します。 この機能を使用して最終的なインストーラは、指定されたメディアタイプに収まるよう複数ディレクトリに分割されます。たとえば、1枚のCDには650MBのフォルダが保存されます。
    • メディアタイプ—CD、DVDなど、製品を保管するメディアのタイプを指定します。
    • メディアサイズ(MB)—選択されたメディアタイプのサイズをメガバイトで表示します。 アプリケーションビルダは自動的にこの値を生成します。 メディアタイププルダウンメニューのカスタムを選択して、この値を手動で入力します。
  • インストール後に実行—インストールの完了後にスタンドアロンアプリケーションを実行します。 たとえば、DOSバッチプログラム、または.iniファイルを変更する実行可能ファイルを含むことができます。 実行時に必要な変更がアプリケーションで行われるように、インストールの一部としてファイルを含めます。
    • EXE(実行)ファイル—インストーラでインストールが完了した後実行されるスタンドアロンアプリケーションのファイル名を指定します。 LabVIEW内のファイルには、.EXEまたは.BAT拡張子を必ず含めてください。 実行ファイルを追加ボタンをクリックして、インストーラビルドの実行可能ファイルのリストから.EXEまたは.BATファイルを選択します。 実行ファイルを削除ボタンを押して、実行可能テキストボックスからファイル名を削除します。
    • コマンドライン引数—インストールの完了後に実行するアプリケーションに渡す引数を指定します。 パスを表す各引数に対して、パスにはスペースが含まれる場合があるため、引数は引用符で囲んでください。 標準引数を指定する他、コマンドライン引数フィールドに以下の任意の変数を埋め込めます。
      コマンドライン引数説明
      [INSTALLDIR]ユーザが選択するアプリケーションインストールディレクトリ。
      [DISTROOT]このインストーラを起動したsetup.exeファイルを含むフルディレクトリパス。
      これらの文字列のいずれかがインストール時に存在する場合、インストーラは引数をアプリケーションに渡す前に、それらの文字列を正しい値で置換します。
      メモ LabVIEWは、[INSTALLDIR]の後に「\」文字を自動的に追加します。 コマンドライン引数入力の引用符に「\」文字が含む場合、コマンドラインが正確にフォーマットされない原因となる場合があります。 たとえば、コマンドライン引数に"[INSTALLDIR]¥readme.txt"と入力すると、C:¥Program Files¥command line¥¥readme.txtなど、ファイル名の前に2つの「¥」文字を含む引数がアプリケーションに渡されます。
  • アンインストール前に実行—アンインストールを開始する前にスタンドアロンアプリケーションを実行します。 ファイルをインストールに確実に含めることができます。
    • EXE(実行)ファイル—インストーラがアンインストールを開始するまで、実行されるスタンドアロンアプリケーションのファイル名を指定します。 LabVIEW内のファイルには、.EXEまたは.BAT拡張子を必ず含めてください。 実行ファイルを追加ボタンをクリックして、インストーラビルドの実行可能ファイルのリストから.EXEまたは.BATファイルを選択します。 実行ファイルを削除ボタンを押して、実行可能テキストボックスからファイル名を削除します。
    • コマンドライン引数—アンインストールが開始されるまで実行するアプリケーションに渡す引数を指定します。 パスを表す各引数に対して、パスにはスペースが含まれる場合があるため、引数は引用符で囲んでください。 標準引数以外に、インストール後に実行チェックボックスのコマンドライン引数フィールドで使用可能な変数を埋め込めます。
  • カスタムエラーコードファイルをインストール—インストーラビルドにLabVIEWのエラーコードファイルを追加します。 LabVIEWは、*-errors.txtで終わるlabview\project\errorslabview\user.lib\errorsフォルダ内のすべてのファイルを含めます。 エラーコードファイルを追加したくない場合は、このチェックボックスをオフにします。

    メモ  LabVIEW\user.libディレクトリのerrorsフォルダを手動で作成して、エラーコードファイルを整理できます。
  • LabVIEW x.x開発システムまたはそれ以降のバージョンが必要—LabVIEW x.x開発システムを必要条件にするには、このチェックボックスをオンにします。x.xは、LabVIEWの現行バージョン、またはインストーラを起動するためにインストールされたそれ以降のバージョンです。
  • システム要件—インストーラに必要なオペレーティングシステムを指定します。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった