上級ページ(パックライブラリプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

パックライブラリのプロパティダイアログボックスにあるこのページを使用して、パックプロジェクトライブラリの上級設定を構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • デバッグを許可—パックライブラリのデバッグを有効にします。 デバッグを許可チェックボックスをオンにして、ブロックダイアグラムまたはフロントパネルをVIに含めます。 VIのブロックダイアグラムを使用して、パックライブラリで問題をデバッグします。
    メモ このチェックボックスをオフにすると、完全な最適化が行われません。
  • ビルドログファイルを生成—ビルドのログファイルを作成するかどうかを指定します。 ビルドログファイルは、常に含むで指定されていないサブVIを含む、ビルドに含まれたすべてのファイルをリストします。 ログファイルにはまた、ビルド開始および終了時間、ビルド仕様およびプロジェクト名、そしてビルド中に発生するエラーなどのビルドに関する一般的な情報も含まれています。
    • ログファイルパス—ビルドログファイルを保存するパスを指定します。
  • 今後のLabVIEWバージョンでこのパックライブラリのロードを許可する—LabVIEWの今後のバージョンでこのパックライブラリをロードできるようにします。 ビルド仕様を特定のバージョンのLabVIEWに関連付けるには、このオプションを無効にします。 このオプションを無効にすると、パフォーマンスプロファイルへの変更を防ぐことができる上、コンパイラのアップグレードによる予期しない問題の発生を回避できます。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった