メモリ内の.NETアセンブリダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

表示→メモリ内の.NETアセンブリを選択して、このダイアログボックスを表示します。

このダイアログボックスで、メモリにあるすべての.NETアセンブリの識別情報を確認できます。 アセンブリ呼び出しのデバッグを行には、この情報を使用してLabVIEWプロジェクトおよび.NETオブジェクトを使用するVIに対して正しいアセンブリがロードされているかを確認します。

  • プロジェクト名のメモリ内のアセンブリを表示—アセンブリの表にロード済みアセンブリを表示するプロジェクトを指定します。
  • CLRバージョン—LabVIEWが.NETアセンブリのロードに現在使用している共通言語ランタイム(CLR)のバージョンを表示します。 このフィールドに表示されているバージョン以外のCLRのバージョンをターゲットとするアセンブリはロードされません。 CLR 2.0をターゲットとするミックスモードアセンブリをロードするには、CLR 2.0をターゲットとする.NETアセンブリをロードするようにLabVIEWを構成する必要があります。
  • アセンブリ一覧メモリ内のアセンブリを表示:プロジェクト名で選択したプロジェクトによって参照されているメモリ内の各アセンブリの情報を表示します。 この情報によって、LabVIEWによって正しいバージョンのアセンブリがロードされているかを確認できます。
    • プロジェクト—アセンブリがロードされているプロジェクトを表示します。
    • アセンブリ名—選択したプロジェクトによってメモリにロードされたアセンブリの名前を指定します。

      メモリにロードする必要があるアセンブリの名前がアセンブリのリストに含まれない場合は、以下を確認します。
      • 正しいプロジェクトが選択されているか。
      • アセンブリがLabVIEWのアセンブリ検索パス内にあるか。
      • 選択したプロジェクトが.NETコンテナまたはコンストラクタノードのどちらかで必要なアセンブリを呼び出しているか。
      • 選択したプロジェクトが必要なアセンブリを間接的にロードする場合、直接ロードされたアセンブリのみを表示チェックボックスがオフになっているか。
    • バージョン—関連するアセンブリのバージョンを表示します。 このフィールドに表示されたバージョン番号が、使用するべきアセンブリのバージョン番号ではない場合は、以下のいずれかの方法で対処します。
    • ターゲットCLR—アセンブリをコンパイルして実行するCLRのバージョンを指定します。 アセンブリのターゲットCLRがLabVIEWが使用しているCLRバージョンと一致しない場合は、互換性の問題が発生する可能性があります。 新しいバージョンのCLRでアセンブリを使用する場合は、既知の互換性に関する問題がないか関連するアセンブリのドキュメントを確認してください。
    • パス—関連するアセンブリのディスク上の場所を示します。 アセンブリのパスが、ロードするべきアセンブリのパスに一致しない場合は、アセンブリ検索パスから表示されているアセンブリを削除します。 これにより、アセンブリの別のバージョンが検出されます。
  • 直接ロードされたアセンブリのみを表示アセンブリ一覧にメモリ内のすべてのアセンブリを表示するか、選択したプロジェクトのフロントパネルまたはブロックダイアグラムから呼び出されたアセンブリだけを表示するかを指定します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった