パッケージ属性ページ (パッケージプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム (NI Linux Real-Time, Windows 64-bit)

パッケージプロパティダイアログボックスのこのページで、パッケージの表示名と概要を構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • Display name—パッケージの名前を指定します。 この名前は、NI パッケージマネージャに表示されます。
  • Package synopsis—パッケージの概要を指定します。 この概要は、NI パッケージマネージャに表示されます。
  • DescriptionPackage synopsisよりも詳細なパッケージの説明を指定します。 この説明は、NI パッケージマネージャにパッケージの詳細として表示されます。
  • Maintainer name—パッケージメインテナーの名前を指定します。 メインテナーは、個人、組織、または会社です。 デフォルトでは、LabVIEWのインストール時に入力されたユーザ情報が、このフィールドに入力されます。
  • Maintainer email address—パッケージメインテナーのEメールアドレスを指定します。
  • Section—パッケージが分類される領域を指定します。 NI パッケージマネージャは、セクションに基づいてパッケージをフィルタ処理します。
    メモ  インフラストラクチャパッケージは、NI パッケージマネージャでデフォルトで非表示になっています。
  • Homepage—パッケージに関する詳細情報を提供するURLを指定します。
  • Include custom license agreement—インストール中に表示したいライセンスファイルを指定します。 ユーザは、パッケージをインストールする前に、使用許諾契約書に同意する必要があります。 ライセンスファイルはプロジェクト内にあるRTFファイルである必要があります。
    メモ  (NI Linux Real-Time) Linux Real-Timeパッケージには、カスタムのライセンスファイルを指定できません。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった