継承ページ(クラスプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラスプロパティダイアログボックスのこのページで、LabVIEWクラスの継承設定を構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 継承階層—LabVIEWクラスの継承階層を表示します。 このセクションには以下のコンポーネントがあります。
    • クラス名―LabVIEWクラスとすべての親クラスと子クラスの名前を表示します。
    • クラスの説明ドキュメントページにある説明テキストボックスにクラスの説明を入力した場合、その説明が表示されます。
  • 継承を変更継承を変更ダイアログボックスが開きます。 このダイアログボックスを使用して、LabVIEWクラスの継承を変更します。
  • 派生クラスにすべてのオーバーライド必須条件を転送—このチェックボックスをオンにすると、ダイナミックディスパッチVIをオーバーライドする代わりに、クラスがすべてのオーバーライド要件を派生クラスに転送します。 「オーバーライド必要?」項目を転送プロパティを使用して、すべてのオーバーライド条件を派生クラスに転送することもできます。
  • データ値リファレンス - 新規作成時および削除時の規制—このページには以下のコンポーネントがあります。
    • このクラスタイプのリファレンスをこのクラスのメンバーVIに制限する—このクラスのメンバーVIのみが、メンバーにデータ値リファレンスを作成することを許可します。 新規クラスを作成すると、このオプションはデフォルトで有効になります。
    • 派生クラスタイプのリファレンスをこのクラスのメンバーVIに制限する—このクラスのメンバーVIのみが、このクラスの派生クラスにデータ値リファレンスを作成することを許可します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった