コネクタペーン状態ページ(パックライブラリプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

パックライブラリプロパティダイアログボックスのこのページを使用して、パックプロジェクトライブラリでエクスポートVIのメモリ割り当て変更に発呼者VIが適応するかどうかを指定します。

このページには以下のコンポーネントが含まれます。

  • 発呼者をランタイムにエクスポートVIのコネクタペーン状態に適用させる—発呼者VIが再コンパイルなしにエクスポートVIのコネクタペーンでの変更に適応するかどうかを指定します。 チェックボックスがオンの場合、発呼者VIはパックライブラリでVIのコネクタペーンでの変更に適応します。 このチェックボックスをオフにすると、発呼者VIはVIでコネクタペーンに加えた変更に適応せず、再コンパイルが必要な可能性があります。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった