詳細ヘルプウィンドウ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

詳細ヘルプウィンドウを表示するには、ヘルプ→詳細ヘルプを表示を選択するか、ツールバーで以下に示す詳細ヘルプウィンドウを表示ボタンをクリックします。

ヒント (Windows) <Ctrl-H>キーを押してウィンドウを表示することもできます。 (macOS) <Command-Shift-H>キーを押します。 (Linux) <Alt-H>キーを押します。

詳細ヘルプウィンドウを使用する

LabVIEWでは、ダイアログボックスのコンポーネントやプロジェクトエクスプローラウィンドウの項目を含め、ほとんどのオブジェクトで詳細ヘルプが表示されます。 LabVIEWオブジェクトの上にカーソルを移動すると、以下に示すように詳細ヘルプウィンドウに各オブジェクトの基本情報が表示されます。

下の図は、詳細ヘルプウィンドウの各要素を示しています。

1  オブジェクト名  5 接続されたワイヤのデータタイプ  
2  画像  6  オプションの端子と完全パスを表示  
3  説明  7  ロック  
4  端子のデータタイプ  8  オンラインヘルプ  

詳細ヘルプウィンドウの各要素の名前と説明を下の表に示します。

名前説明
1オブジェクト名オブジェクトの名前を表示します。
2画像VIまたは関数の入力名と出力名を含む、VIおよび関数の画像が表示されます。 薄い色のテキストは、その入力または出力がオプションであることを意味します。 入力名または出力名の後の括弧内に示されている値は、その端子に配線しなかった場合に使用されるデフォルト値です。
3説明オブジェクトの基本的な説明が表示されます。
4端子のデータタイプカーソルの下にあるVIまたは関数の端子のデータタイプが表示されます。 端子が複数のデータタイプを受け入れる場合は、その端子のデフォルトのデータタイプが端子のデータタイプフィールドに表示されます。
5接続されたワイヤのデータタイプカーソルの下にある端子に強制ドットが表示されている場合に限り、その端子に接続されているデータタイプが表示されます。 強制ドットを除去するには、接続されたワイヤのデータタイプ端子のデータタイプを一致させます。

オブジェクトが制御器または表示器の場合、詳細ヘルプウィンドウにその制御器または表示器のデータタイプが表示されます。
6オプションの端子と完全パスを表示VIまたは関数のオプション端子と完全パスを表示します。
7ロック詳細ヘルプウィンドウに現在表示されている内容をロックして、カーソルを他のオブジェクトの上に移動してもウィンドウの表示内容を変更しないようにします。

(Windows)<Ctrl - A>キーを押すこともできます。 (macOS) <Command-Shift-L>キーを押します。 (Linux) <Alt-Shift-L>キーを押します。
8オンラインヘルプそのオブジェクトに『LabVIEWヘルプ』のトピックが存在する場合は、そのオブジェクトについての詳しい情報が表示されます。

詳細ヘルプウィンドウのサイズを変更する

詳細ヘルプウィンドウのサイズは、オブジェクトの説明を表示できるように自動的に変更されます。 詳細ヘルプウィンドウを最大化するために、手動でサイズを変更することもできます。 次回LabVIEWを開始したときには、ウィンドウはそれと同じ位置に同じ最大化サイズで表示されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった