プロジェクトを作成ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスは、ファイル→プロジェクトを作成を選択するか、プロジェクト→プロジェクトを作成を選択すると開きます。 また、スタートアップウィンドウでプロジェクトを作成ボタンをクリックした場合にも表示されます。

プロジェクトを作成ダイアログボックスでは、テンプレートまたはサンプルプロジェクトを元にプロジェクトを作成できます。 テンプレートには一般的なアーキテクチャが含まれており、それを変更して特定の目的を果たすコードを開発できます。 サンプルプロジェクトは、テンプレートを元に開発されたコードの例です。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • プロジェクトの開始方法を選択—このページでは、使用するテンプレートまたはサンプルプロジェクトを選択できます。
    • フィルタプロジェクトリストの項目をカテゴリまたはターゲットを基準にフィルタします。

      以下の項目カテゴリを選択できます。

      • テンプレート—コード開発のベースとして使用できる一般的なアーキテクチャです。
      • サンプルプロジェクト—テンプレートの使用例を示す、完全なプロジェクトのサンプルです。
      • ターゲットフィルタ—インストールされているモジュールとツールキットによって、Real-TimeCompactRIOなどのターゲットを選択するフィルタが表示されます。
    • 追加検索—入力した用語を項目の名前、キーワード、説明を対象に検索します。 フィルタを選択して、検索範囲を絞れます。
    • プロジェクトリストフィルタ追加検索による結果を表示します。 このリストには、各項目の名前と説明が表示されます。 テンプレートおよびサンプルプロジェクトの用途は、項目説明の後に表示されている詳細情報リンクを選択して参照できます。
  • 新規プロジェクトを構成—このページでは、プロジェクトの保存方法を指定します。 このページは、選択した項目が構成可能な場合にのみ表示されます。
    メモ テンプレートまたはサンプルプロジェクトによっては、一部のオプションが表示されなかったり、他のオプションが表示されたりする場合があります。
    • プロジェクト名—保存する.lvprojファイルの名前を指定します。
    • プロジェクトルート—プロジェクトを保存するディレクトリを指定します。 ここでは、空のフォルダまたは新規フォルダだけを指定できます。
    • ファイル名接頭辞—テンプレートまたはサンプルプロジェクトの特定のコピーを、その後作成するコピーと識別するために接頭辞を指定します。 ファイル名接頭辞を使用すると、クロスリンクの発生を回避できます。
    • VIアイコンを修正—プロジェクト内のVIのアイコンの一部として表示するアイコンオーバーレイを指定します。 ライブラリのVIではすでに各ライブラリ固有のアイコンオーバーレイが使用されているため、このアイコンオーバーレイは適用されません。
メモ  カスタムテンプレートやサンプルプロジェクトを作成して、LabVIEWプロジェクトの開発に使用できます。 カスタムテンプレートとサンプルプロジェクトをプロジェクトを作成ダイアログボックスからアクセスできるようにする方法については、ni.com技術サポートデータベースを参照してください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった