印刷ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、ファイル→印刷を選択します。

このダイアログボックスを使用して、VI、テンプレート、オブジェクトのドキュメントを印刷RTFテキストドキュメント、またはHTMLを生成します。 このダイアログボックスでは、現在のアプリケーションインスタンスにあるVIのドキュメントを印刷します。 複数のアプリケーションインスタンス内にあるVIのドキュメントを印刷する場合は、それぞれのアプリケーションインスタンスで印刷操作を繰り返さなければなりません。

メモ このダイアログボックスの多くのページに表示されるプレビューボタンをクリックすると、印刷しようとしているドキュメントのサムネールを表示する印刷プレビューダイアログボックスが表示されます。

印刷ダイアログボックスには、印刷するドキュメントのタイプにより以下のページが含まれます。

  • VIを選択—以下の印刷オプションをリストします。
    • <現在のVIの名前>—現在のアプリケーションインスタンスの現在のVIを印刷します。
    • 複数VIVIを選択ページで選択する複数のVIを印刷します。
  • VIを選択複数VIを選択した場合、印刷するVIをリストします。 以下のボタンをクリックして、リストに表示するVIまたはライブラリファイルを制御します。
    • VI階層を追加—印刷中のVIのすべてのサブVIをリストに追加する操作を行うVI階層を追加ダイアログボックスを表示します。
    • ファイルを追加—リストに追加する.viまたは.llbファイルを選択するダイアログボックスを開きます。 LLBのVIフォルダアイコン()を選択して、.llbファイル全体を選択します。
    • 削除—選択されたVIをリストから削除します。
    • すべて選択—リスト内のすべてのVIを選択します。
    • アプリケーションインスタンス—現在のアプリケーションインスタンスを示します。
    • 完全なパスを表示—リスト内の各VIへの完全パスを表示します。
  • 印刷する内容—以下の印刷フォーマットと固有のフォーマットを作成するオプションをリストします。
    • フロントパネルすべて—VI名とフロントパネル全体を印刷します。
    • フロントパネル可視部—VI名と、フロントパネルの現在表示されている部分を印刷します。
    • アイコン、説明、フロントパネル、ダイアグラム—VI名、説明、アイコンとコネクタペーン、フロントパネル、ブロックダイアグラム、およびケース、イベントまたはスタックシーケンスストラクチャの非表示のサブダイアグラムを印刷します。
    • VIドキュメントVIドキュメントページで定義したカスタム設定を使用して印刷します。 VI名、詳細、アイコンとコネクタペーン、フロントパネル、制御器と表示器(データタイプ、名前、キャプション、ラベル、詳細など)、ブロックダイアグラム、サブVIのリスト(アイコン、名前、パスなど)、リビジョン履歴情報、VI階層を印刷できます。
  • VIドキュメント—このページには以下のコンポーネントがあります。
    • VIドキュメントスタイル—以下のオプションに従ってVIドキュメントページでコンポーネントを設定します。
      • パネルを使用—VI名、詳細、フロントパネル、制御器および表示器(データタイプ、名前、キャプション、詳細を含む)を印刷します。 LabVIEWは、制御器と表示器をタブ順で印刷します。
      • サブVIとして使用—VI名、説明、アイコンとコネクタペーン、接続された制御器と表示器のデータタイプ、名前、キャプション、説明を印刷します。 LabVIEWは制御器と表示器をタブ順で印刷します。 この形式は、『LabVIEWヘルプ』のVIおよび関数リファレンスのトピックの形式と似ています。
      • すべて—VI名、詳細、フロントパネル、制御器および表示器(データタイプ、名前、キャプション、ラベル、詳細を含む)を印刷します。 LabVIEWは制御器と表示器をタブ順で印刷します。
      • カスタム—選択するカスタム設定を使用して印刷します。
      メモ パネルを使用サブVIとして使用、またはすべてを選択して、デフォルト設定を変更する場合、プルダウンメニューの選択肢は自動的にカスタムに変わります。
    • 設定—このページには以下のコンポーネントがあります。
      • アイコンとコネクタペーン—VIアイコンとVIのコネクタペーンを印刷します。 また、アプリケーションの印刷:カスタムコネクタペーン?プロパティを使用して、VIアイコンとコネクタペーンをプログラム的に印刷するかどうか指定することもできます。
      • 説明—VIの説明を印刷します。 また、印刷:カスタム詳細?プロパティを使用して、VIの説明を印刷するかどうか指定することもできます。
      • フロントパネル—フロントパネルを印刷します。 また、アプリケーションの印刷:カスタムパネル?プロパティを使用して、フロントパネルをプログラム的に印刷するかどうかを指定できます。
      • 制御器—制御器名のリストと表示器名のリストをタブ順に印刷します。 また、配列、クラスタ、refnumのサブ制御器とサブ表示器も印刷します。 また、印刷:カスタム制御器?プロパティを使用して、フロントパネルの制御器情報をプログラム的に印刷するかどうかを指定できます。
        • すべての制御器/接続された制御器—すべての制御器と表示器を出力するか、コネクタペーンに接続された制御器と表示器のみ出力するかを指定します。 接続された制御器を選択すると、コネクタペーンに接続されている制御器と表示器のみが出力されます。 また、印刷:カスタム制御器?プロパティを使用して、プログラム的にフロントパネルの制御器情報を印刷するかどうか指定することもできます。
        • 説明—制御器名および表示器名の横の説明を印刷します。 また、アプリケーションの印刷:カスタム制御器の詳細?プロパティを使用して、フロントパネルの制御器の説明をプログラム的に印刷するかどうかを指定できます。
        • データタイプ情報—各制御器または表示器のデータタイプ端子を印刷します。 また、印刷:カスタム制御器タイプ?プロパティを使用して、フロントパネルのデータタイプ情報をプログラム的に印刷するかどうかを指定できます。
        • ラベル—各制御器または表示器のラベルを印刷します。
        • キャプション—各制御器または表示器のキャプションを印刷します。 制御器または表示器がキャプションを表示しない場合、このオプションは代わりにラベルを印刷します。
        • キャプション [ラベル]—各制御器または表示器のキャプションとラベルを印刷します。
      • ブロックダイアグラム—ブロックダイアグラムを印刷します。 また、アプリケーションの印刷:カスタムダイアグラム?プロパティを使用して、ブロックダイアグラムをプログラム的に印刷するかどうかを指定できます。
        • アイコン化されたクラスタ定数—ブロックダイアグラム上にあるアイコン化されたクラスタ定数の非表示コンテンツを印刷するかどうかを指定します。 また、アプリケーションの印刷:カスタムクラスタ定数?プロパティを使用して、非表示コンテンツを印刷するかどうかをプログラム的に指定できます。
        • 非表示フレーム—ケースストラクチャ、イベント、およびスタックシーケンスストラクチャの表示されているサブダイアグラムを含むブロックダイアグラムを印刷し、各ストラクチャの非表示のサブダイアグラムをすべて印刷します。 また、アプリケーションの印刷:カスタムダイアグラム非表示?プロパティを使用して、各ストラクチャの非表示のフレームをプログラム的に印刷するかどうかを指定できます。
          • 順序(ネストされている場合、高いレベルから繰り返す)—ブロックダイアグラムを、表示されているケースストラクチャ、イベント、およびスタックシーケンスストラクチャのサブダイアグラムを含めて印刷し、さらに各ストラクチャの表示/非表示サブダイアグラムを順番にすべて印刷します。 このオプションを選択すると、VIのネストされたストラクチャの階層をより分かりやすく印刷できます。 アプリケーションの印刷:カスタムダイアグラム繰り返し?プロパティを使用して、表示フレームを非表示フレームも含めて順番に印刷するかどうかをプログラム的に指定できます。
      • VI階層—現在メモリにあるVI階層を印刷して、VIとサブVIの接続を表示します。 現在のVIは、ボックスでハイライトされます。 また、アプリケーションの印刷:カスタム階層?プロパティを使用して、メモリにあるVIの階層を印刷するかどうかをプログラム的に指定できます。
      • サブVIとExpress VIのリスト—VIが使用するすべてのサブVIおよびExpress VIのアイコン、名前、パスを印刷します。 多態性VIがサブVIの場合、LabVIEWはアイコン、名前、パスを含むトップレベルVIで使用されたインスタンスを印刷します。 トップレベルVIが多態性の場合、LabVIEWは各インスタンスのアイコン、名前、パスを含む、多態性VIのすべてのインスタンスのリストを印刷します。 多態性VIの場合は、多態性VIのすべてのインスタンスも印刷します。 また、アプリケーションの印刷:サブVIのカスタムリスト?プロパティを使用して、VIが使用するサブVIおよびExpress VIのリストを印刷するかどうかをプログラム的に指定することもできます。
      • Express VI構成情報—ブロックダイアグラム上のExpress VIの構成情報を印刷します。 また、アプリケーションの印刷:カスタムExpressVI設定?プロパティを使用して、Express VIの構成情報をプログラム的に印刷するかどうか指定することもできます。
      • VIリビジョン履歴—VIの履歴情報がある場合、その情報を印刷します。 また、アプリケーションの印刷:カスタム履歴?プロパティを使用して、VIリビジョン履歴情報を印刷するかどうかをプログラム的に指定できます。
  • 出力先—ファイル印刷時に選択できる出力先をすべて表示します。—「プリンタHTMLファイルRTFファイル、または標準テキストファイルから選択できます。
    • プリンタ—デフォルトのプリンタまたは選択したプリンタに出力します。
    • HTMLファイル—HTMLファイルに出力します。
    • リッチテキスト形式(RTF)ファイル—RTFファイルに出力します。
    • 標準テキストファイル—標準テキストファイルに出力します。
  • ページ設定—このページには以下のコンポーネントがあります。
    • ヘッダ(名前、日付、ページ番号)を印刷—各ページの上部にヘッダを印刷します。ヘッダには、VI名、VIの最終修正日、およびページ番号が含まれます。 また、印刷:ページヘッダ?プロパティを使用して、ヘッダを印刷するかどうかをプログラム的に設定できます。
    • 余白—このセクションでは印刷の余白を設定します。
      • デフォルト余白を使用—プリントアウトの絶対余白をセンチメートルまたはインチで設定します。 4つのすべての余白()を個々に設定できます。 余白はプリンタの物理パラメータによって制限されます。 プリンタの許容値よりも小さい余白を設定すると、プリンタは許容値の最小値を使用します。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。 このチェックボックスをオフにして、カスタム余白を設定します。 このオプションは、カスタム余白を設定していないすべてのVIに作用します。 VIプロパティダイアログボックスの印刷オプションページにあるカスタムページ余白を使用チェックボックスがオフの場合、VIはオプションダイアログボックスで設定する余白を使用します。 このカスタムページ余白を使用チェックボックスがオンの場合、VIはVIプロパティダイアログボックスの印刷オプションページで設定した余白を使用します。
        • 余白単位—余白の値の単位にインチとセンチメートルのどちらを使用するかを指定できます。
          • インチ—余白の値の単位にインチを使用します。
          • センチメートル—余白の値にセンチメートルを使用します。
        • 余白設定—プリントアウトの余白をカスタマイズできます。
          • —左余白の幅を設定します。
          • —右余白の幅を設定します。
          • —上余白の高さを設定します。
          • —下余白の高さを設定します。
  • プリンタ—以下のレイアウトオプションをリストします。
    • フロントパネルをページに合わせる—できる限り少ないページ数に収まるように、フロントパネルを元のサイズの最小1/4にスケールします。 このオプションが淡色表示の場合、VIドキュメントページにあるフロントパネルチェックボックスがオフであるか、または印刷する内容ページでフロントパネルを印刷しないオプションが選択されています。 また、印刷:フロントパネル拡大縮小?プロパティを使用して、フロントパネルをプログラム的にスケールすることもできます。
    • ブロックダイアグラムをページに合うようにスケールして印刷—できる限り少ないページ数に収まるように、ブロックダイアグラムを元のサイズの最小1/4にスケールします。 このオプションが淡色表示の場合、VIドキュメントページにあるブロックダイアグラムチェックボックスがオフであるか、または印刷する内容ページからブロックダイアグラムを印刷しないように選択されています。 このチェックボックスとVIドキュメントページの非表示フレームチェックボックスをオンにすると、LabVIEWはブロックダイアグラムの最も上の部分のみスケールします。 また、印刷:ブロックダイアグラムの拡大縮小?プロパティを使用して、ブロックダイアグラムをプログラム的にスケールすることもできます。
      メモ ブロックダイアグラムが複数の画面を占める場合、1枚の印刷ページにフィットするようにスケールすると、プリントアウトの可読性が低下します。 サイズが大きいブロックダイアグラムの場合、既存のブロックダイアグラムコードからサブVIを作成することを検討してください。
    • セクション間で改ページ—セクション間(コネクタとアイコンの説明、フロントパネル、フロントパネルオブジェクトの詳細リスト、ブロックダイアグラム、ブロックダイアグラムの詳細、VIの階層、サブVIのリスト)に改ページを挿入します。
    • セクションヘッダを印刷—リビジョン履歴情報の前に、VIリビジョン履歴などの各セクションのヘッダを印刷します。
    • パネルを枠で囲む—フロントパネルの周囲に枠線を印刷します。 印刷:カスタムパネル境界?プロパティを使用して、フロントパネルの境界をプログラム的に印刷することもできます。
  • HTML—以下のオプションをHTMLファイルに印刷するためにリストします。
    • 画像形式—画像形式を、可逆のPNG、非可逆のJPG、または非圧縮のGIFに設定します。
      メモ LabVIEWは画像を圧縮されたGIFファイルとして保存しません。 グラフィック形式コンバータを使用して、LabVIEWが保存する非圧縮のGIFファイルを圧縮GIFファイルに変換します。 高品質の圧縮GIFファイルでは、ドキュメントを保存する際にPNG形式を選択し、グラフィック形式コンバータを使用して、LabVIEWが保存するPNGファイルをGIFファイルに変換します。 PNG形式で開始すると、PNG形式は元のグラフィックの完全な複製であるため、より高い精度のグラフィックが生成されます。 .gif拡張子のGIFファイルを参照するようにLabVIEWが生成したHTMLファイルを変更します。
    • カラー深度—配色を白/黒、16色、256色、またはTrue color(24ビット)に設定します。
    • PNG圧縮—PNGグラフィック出力の品質レベルを設定します。 圧縮によって画像精度が低下することはありませんが、この値はグラフィックファイルのサイズと圧縮速度に影響します。 有効な値は-1~9の範囲で、速度でファイル圧縮率を調整します。 以下の表は、圧縮のサンプル値をリストします。
      -1最適な圧縮率/速度(デフォルト)
      0圧縮なし
      1最高速度を実現する圧縮率
      9最高圧縮
    • JPG 品質—0~100の範囲のIJG JPEG ライブラリスケールを使用して、JPEGグラフィック出力の品質レベルを設定します。 デフォルトは80です。 この値は画像精度とファイルサイズを調整します。 75-95の範囲の値は高画質の圧縮したファイルを生成し、50より小さい値は低画質で小さいサイズのファイルを生成します。
  • RTFRTFファイルに印刷用に以下のオプションをリストします。
    • ヘルプコンパイラソース(外部で作成された画像)—RTFドキュメントをコンパイルヘルプファイルで使用できるように、画像をRTFドキュメントに埋め込む代わりに外部BMPファイルとして保存します。
    • カラー深度—配色を白/黒、16色、256色、またはTrue color(24ビット)に設定します。
  • 標準テキスト—標準テキストファイルの印刷用に以下のオプションをリストします。
    • 一行あたりのテキスト制限—印刷出力の行ごとに表示されるテキスト文字数の範囲を設定します。
      • 文字—各行に表示する文字数を設定します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった