出力先ページ(インストーラプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム (Windows)

インストーラプロパティダイアログボックスのこのページでは、インストーラの出力先のディレクトリ構造を構成します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 出力先ビュー—ファイルをインストールする際、ファイルの場所とディレクトリ構造を指定します。

    LabVIEW接頭辞が含まれる出力先ビューディレクトリのフォルダは、以下の場所に対応しています。
    • [LabVIEW バージョン Examples]―このフォルダに含めたファイルはlabview\examplesディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW バージョン Help]―このフォルダに含めたファイルはlabview\helpディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW バージョン Instrument Drivers]―このフォルダに含めたファイルはlabview\instr.libディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW バージョン Palettes]―このフォルダに含めたファイルはlabview\menusディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW バージョン Run-Time]―このフォルダに含めたファイルはShared\LabVIEW Run-Time\versionディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW バージョン User Libraries]―このフォルダに含めたファイルはlabview\user.libディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW バージョン]―このフォルダに含めたファイルはlabviewディレクトリにインストールされます。
      メモ バージョンは、現在使用しているLabVIEWのバージョンを表します。


    LabVIEW接頭辞が含まれない出力先ビューディレクトリのフォルダは、Microsoftインストーラ(MSI)プロパティに対応します。 各フォルダの上にカーソルを置くと、フォルダのディレクトリを示すヒントラベルが表示されます。 Microsoftデベロッパーネットワークウェブサイトmsdn.microsoft.com)で対応するMicrosoftインストーラ(MSI)プロパティを参照してください。
    • [All Users Desktop]―このフォルダに含めるファイルはDesktopFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Personal]―このフォルダに含めるファイルはCommonAppDataFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Program Files Common]―このフォルダに含めるファイルはCommonFilesFolderプロパティまたはCommonFiles64Folderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Program Files]―このフォルダに含めるファイルはProgramFilesFolderプロパティまたはProgramFiles64Folderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Public App Data]―このフォルダに含めるファイルはCommonAppDataFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [System]―このフォルダに含めるファイルはSystemFolderプロパティまたはSystem64Folderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Temp]―このフォルダに含めるファイルはTempFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Windows Volume]―このフォルダに含めるファイルはWindowsVolumeプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Windows]—このフォルダに含めるファイルはWindowsFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
  • 出力先を追加—このボタンをクリックして、出力先ビューに表示されるインストーラディレクトリ構造にフォルダを追加します。 新しいフォルダは出力先ビューで選択されたフォルダの下に表示されます。 新規のフォルダのデフォルトの名前は新規フォルダです。 出力先名オプションを使用して名前を変更します。
  • プロパティを追加—このボタンをクリックして出力先ビューツリーに新規MSIプロパティを追加します。 このボタンをクリックすると、プロパティ名を入力ダイアログボックスが表示されます。 OKボタンをクリックすると、その他の出力先ディレクトリの下に新規フォルダが表示されます。 出力先名オプションを使用して、名前を別のMSIプロパティに変更します。
  • 絶対パスを追加—このボタンをクリックして、出力先ビューに表示されるインストーラディレクトリ構造に出力先フォルダパスを追加します。 新規フォルダはその他の出力先フォルダの下に作成されます。 絶対パスのデフォルト名はc:\新規パスです。 パスを変更するには出力先パスオプションを使用します。
  • 削除出力先ビューからフォルダを削除してください。
  • デフォルトのインストールディレクトリとして設定—インストーラがアプリケーションをインストールするデフォルトパスとして選択したフォルダを設定します。 ユーザはインストール中に表示されるダイアログボックスでデフォルトパスを変更できます。 通常、すべてのアプリケーションファイルがインストールされるトップレベルのフォルダを選択することを推奨します。
  • 出力先名出力先ビューで選択されているフォルダの名前を変更します。 しかし、出力先ビューで括弧内に表示される元のトップレベルフォルダは削除できません。 追加したトップレベルフォルダの名前は変更できます。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった