出力先ページ(パックライブラリプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

パックライブラリのプロパティダイアログボックスにあるこのページを使用し、出力先設定を構成してパックプロジェクトライブラリに出力先ディレクトリを追加します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 出力先—ビルドによって生成されるファイルを配置する出力先ディレクトリを指定します。 出力先を追加および削除するには、出力先を追加および出力先を削除ボタンをクリックします。 リストの最初の出力先は情報ページのターゲットファイル名と一致します。
  • 出力先を追加—カスタム出力先ディレクトリを出力先リストボックスに追加します。
  • 出力先を削除出力先リストボックスから選択された出力先ディレクトリを削除します。 出力先リストにすでに存在するデフォルトの出力先ディレクトリを削除することはできません。
  • 出力先ラベル出力先リストボックスで選択されたディレクトリの名前を指定します。 これらの名前は、出力先プルダウンメニューのソースファイル設定ページの出力先として選択できます。 出力先ラベルの設定は、ターゲットのファイル名やサポートディレクトリに対して変更できません。 出力先のパステキストボックスのテキストを変更しない場合、出力先ラベルを編集することで出力先のパステキストボックスのテキストが更新されます。
  • 出力先パス出力先リストボックスで選択するディレクトリまたはLLBのパスを指定します。 ターゲットファイル名のパスを変更すると、そのサブディレクトリの出力先は新規パスが自動的に反映されるように更新されます。
    メモ ビルドプロセス中にエラーが発生しないように、出力先のファイルパスがファイル名も含めて255文字以上でないことを確認してください。
    出力先リストからサポートディレクトリを選択した場合、出力先パスはパックライブラリを作成する際にLabVIEW以外のファイルを保存する場所を指定します。 サポートディレクトリのデフォルトの場所は、パックライブラリの出力先ディレクトリと同じ場所です。

    ビルドディレクトリを作成するときにビルドのバージョンが含まれるように、パスに[VersionNumber]タグを追加します。 たとえば、C:\temp\builds\[VersionNumber]というパスは、ディスクにC:\temp\builds\1.0.0.0というディレクトリを作成します。 次回のビルド時には、ディスク上のディレクトリはC:\temp\builds\1.0.0.1というように番号が上がります。 アプリケーション (EXE)、NET Interopアセンブリ、パックライブラリ、共有ライブラリ (DLL)、ソース配布ビルド仕様には、[VersionNumber]タグを使用してください。
  • 出力先タイプ出力先リストボックスで選択した項目の出力先タイプを指定します。 この設定は、アプリケーションとサポートディレクトリでは変更できません。
    • ディレクトリ—出力先をディレクトリに指定します。
      • ディスク階層を保存—この出力先ディレクトリにターゲットされたファイルのディスク階層を保存します。
    • LLB—出力先をLLBに指定します。
  • 新規プロジェクトライブラリにファイルを追加—出力先に移動するファイルを新規プロジェクトライブラリに追加することを指定します。
    • ライブラリ名—LabVIEWがファイルを追加する新規プロジェクトライブラリの名前です。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった