共有ライブラリのプロパティダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

このダイアログボックスを表示するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでビルド仕様を右クリックして、ショートカットメニューから新規→共有ライブラリを選択します。 また、ビルド仕様の下にある共有ライブラリの仕様名を右クリックしてショートカットメニューからプロパティを選択するか、共有ライブラリの仕様名をダブルクリックして表示することもできます。

メモ  プロジェクトエクスプローラウィンドウでビルド仕様が非表示にされている場合、ビルド仕様にアクセスするには、再度項目を表示する必要があります。

このダイアログボックスを使用して、共有ライブラリの設定にアクセスして構成します。

共有ライブラリのプロパティダイアログボックスには、以下のビルド設定を構成するためのページがあります。

共有ライブラリのプロパティダイアログボックスの下には、以下のボタンが含まれます。

  • ビルド—LabVIEWプロジェクトを現在のビルド仕様の設定で更新してダイアログボックスを閉じ、現在の設定で作成します。

    所定の仕様を再度作成する場合、LabVIEWは現在のビルドの一部の前回のビルドからの既存ファイルを上書きします。 しかし、バージョン情報ページの自動増分チェックボックスを有効にするか、インストーラの場合に製品バージョンの自動増分チェックボックスを有効にして、適切なビルド先フィールドに[VersionNumber]または[ProductVersion]タグを使用すると、ディスク上の旧ビルドが上書きされず、バージョン番号が付いた新しいディレクトリが作成されます。 ビルドをクリックしても、設定はディスクに保存されません。 ビルド仕様の設定を保存するには、プロジェクトを保存する必要があります。
  • OK—現在のビルド仕様設定でプロジェクトを更新し、ビルドを作成しないでダイアログボックスを閉じます。 OKをクリックしても、設定はディスクに保存されません。 ビルド仕様の設定を保存するには、プロジェクトを保存する必要があります。
  • キャンセル—変更したビルド仕様設定をキャンセルし、ダイアログボックスを閉じます。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった