制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、ツール→上級→パレットセットを編集を選択します。 複数のターゲットに対して作業している場合は、変更するパレットセットがあるターゲット上のVIからこのダイアログボックスを開きます。

このダイアログボックスでは、パレットセットの編集サブパレットの移動作成パレットへの行や列の挿入、ファイルのディレクトリのコンテンツに応じた更新の設定、パレットセットへのVIの追加を行います。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • 現在のパレットセット—編集中のパレットの場所を表示します。
  • 変更を保存—このパレットセットに追加した変更を保存します。
  • 保存する前に変更をプレビュー—このチェックボックスをオンにすると、変更を保存ボタンをクリックしたときにパレット変更をプレビューダイアログボックスが表示されます。
  • キャンセル—このパレットセットに追加した変更をキャンセルします。
  • デフォルトに戻す—LabVIEWのインストール時にパレットセットがデフォルトのパレットセットに置換されます。 LabVIEWによって、この編集セッションで行った変更、前回の編集セッションで保存した変更など、このパレットセットに対するすべての変更を元に戻します。

パレットがプロジェクトライブラリに属している場合、そのプロジェクトライブラリへのパスを表示できます。 パレットを右クリックし、ショートカットメニューからパスをパレットファイルに表示を選択します。 パレットがライブラリに属している場合、LabVIEWはパレットの実際のパスと所有ライブラリへのパスを表示します。

また、パレットの編集VIを使用して、制御器または関数パレットのセットをプログラム的に編集することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった