シェア変数プロパティダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

このダイアログボックスを表示するには、ライブラリ内のLabVIEWプロジェクトライブラリまたはフォルダを右クリックして、ショートカットメニューから新規→変数を選択するか、既存のシェア変数プロジェクト項目を右クリックして、ショートカットメニューからプロパティを選択します。

このダイアログボックスを使用して、新規シェア変数を構成するか、既存のシェア変数の構成を編集します。

メモ シェア変数の一部のプロパティは、その変数が属するVIが実行を停止し、実行が予約されていない状態になるまで変更できません。 また、シェア変数やその変数が関連する項目は、VIが実行を停止し、実行が予約されていない状態になるまでプロジェクトエクスプローラウィンドウで削除や名前変更を行えません。

このダイアログボックスの左のペーンにある選択項目を使用して、シェア変数構成オプションにアクセスします。

  • 変数データタイプ変数タイプなど、シェア変数の基本構成を決定します。
  • アラーム―シェア変数に対してアラームオプションを構成します。
  • 説明―シェア変数の説明を指定します。
  • ロギング―シェア変数に対してロギングオプションを構成します。
  • ネットワーク―シェア変数に対してネットワークオプションを構成します。
  • Real-Time FIFO―シェア変数のReal-Time FIFOを有効および構成します。
  • スケール―シェア変数に対してスケールオプションを構成します。
  • デッドバンドの更新―シェア変数に対してデッドバンドオプションを構成します。
  • 初期値―シェア変数に対して初期値を構成します。
  • セキュリティ―シェア変数に対してセキュリティオプションを構成します。

インストールしたLabVIEWモジュールおよびツールキットによっては、シェア変数タイプ、構成オプション、および制限が追加される場合もあります。 製品がシェア変数に追加するシェア変数のタイプ、構成オプション、および制限の詳細については、LabVIEWモジュールおよびツールキットのドキュメントを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった