実行ページ(VIプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウから、ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューからウィンドウランタイム位置を選択して、このページを表示します。

このページを使用して、実行プロパティを設定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • デバッグを許可—このVIのデバッグを許可します。 たとえば、ブレークポイントの設定プローブの作成実行ハイライトシングルステップデバッグの実行などが可能です。 このチェックボックスをオフにして、メモリ要件を削減して、パフォーマンスをわずかに向上します。 また、デバッグを許可プロパティを使用して、VIのデバッグをプログラム的に行うこともできます。
  • 再入可能—このVIの複数インスタンスを同時に実行できるかどうかを示します。 デフォルトではVIは再入不可なので、同じVIを呼び出すと、前の呼び出しの実行が終了するまで待たなければなりません。 同じVIの呼び出しの同時実行を許可するには、再入実行オプションの1つを選択します。
    メモ  親ダイナミックディスパッチメンバーVIと子ダイナミックディスパッチメンバーVIの再入可能オプションは同じである必要があります。

    (FPGAモジュール) FPGAターゲットで作成されたサブVIは、デフォルトで再入可能です。

    • 非再入実行—このVIの同時呼び出しを直列化します。その結果、メモリ使用量は最小限に抑えることができます。 このオプションでは、発呼者のパラメータ、実行中に算出された一時的な値、および呼び出し間にこのVIが維持する状態を保管するための1つのデータスペースのみを維持します。 VIをリアルタイムオペレーティングシステムで実行する場合は、これではなく、「クローンの事前割り当てによる再入実行」を選択します。
    • クローン共有による再入実行—このVIの同時呼び出しの並列実行を比較的少ないメモリで可能にします。 このオプションでは、クローンプール (最初は1つのクローン) を割り当てて発呼者間で共有します。 プールが空の場合、LabVIEWは、その呼び出し用に新規クローンを作成し、実行終了時にそのクローンをプールに配置します。 この割り当ては要求時に行われるので、このタイプの再入可能ではジッタが発生します。 VIをリアルタイムオペレーティングシステムで実行する場合は、これではなく、「クローンの事前割り当てによる再入実行」を選択します。
    • クローンの事前割り当てによる再入実行—呼び出しのオーバーヘッドとジッタを最小化しつつ、このVIの同時呼び出しの並列実行を可能にします。 このオプションでは、VIの使用ごとに共有不可能は別々のクローンを割り当てます。 各VIが独自の状態を維持し、制御器の値および初期化前のシフトレジスタの値を保持できます。 その一方で、このタイプの再入可能は共有クローン再入実行よりも多くのメモリを必要とします。
  • サブVIを発呼者VIにインラインサブVIをその発呼者VIにインラインするかどうかを指定します。
  • 優先度—LabVIEW実行システムで実行する優先度を決定します。 この制御器を使用して、アプリケーションで重要なVIの優先度を他のVIより高く設定できます。 より高い優先度の別のVIがこのVIを呼び出すと、このVIの優先度は発呼者VIの優先度と一致するように高くなります。 このVIの優先度は、このダイアログボックスで設定したレベルより低くなることはありません。

    サブルーチン優先度を選択して、LabVIEW実行システムでVIを可能な限り効率的に実行します。 サブルーチン優先度のVIは中断できません。 また、優先度プロパティを使用して、VIの優先度をプログラム的に指定することもできます。
    メモ 親ダイナミックディスパッチメンバーVIと子ダイナミックディスパッチメンバーVIの優先度オプションは同じである必要があります。
  • 推奨する実行システム—推奨実行システムを設定します。 LabVIEWでは、複数の同時実行システムがサポートされています。 プラットフォームによっては、ある実行システムで実行しているVIを、別の実行システムでVIを実行している最中にも実行できます。 これにより、優先度の高いタスク(データ集録ループなど)が、長時間かかる処理(遅い計算処理など)に割り込み実行できるようになります。

    通常、発呼者と同じ実行システムですべてのVIを実行するように設定します。 VIのセットの代用実行システムを使用するには、トップレベルVIをその実行システムに設定します。 そのサブVIのすべてもその実行システムで実行されます。
    メモ 親ダイナミックディスパッチメンバーVIと子ダイナミックディスパッチメンバーVIの推奨する実行システムオプションは同じである必要があります。
  • 自動エラー処理を有効—現在のVIのブロックダイアグラムに対して自動エラー処理を有効にします。 VIの実行時、LabVIEWは実行を一時停止して、エラーが発生したサブVIまたは関数をハイライトして、エラーダイアログボックスを表示します。 また、自動エラー処理プロパティを使用して、VIの自動エラー処理をプログラム的に有効にすることもできます。
    メモ LabVIEWランタイムエンジンは、自動エラー処理をサポートしません。
  • 開かれたら実行—VIを開く際、実行モードで自動的に実行されるようにVIを有効にします。 また、開かれたら実行プロパティを使用して、VIを開く際にプログラム的にVIを実行することもできます。 VIのセットを開かれた際に実行されるように編集するには、新規のブランクVIのブロックダイアグラム上に配置して、そのVIをダブルクリックします。
    メモ 以下の場合、このオプションは無視されます。

    • VIサーバからVIをロードする場合。 VIサーバを使用してロードしたVIを実行するには、VIを実行メソッドを使用します。
    • VIをビルドしたアプリケーションでスタートアップVIとして使用する場合。 スタートアップVIはデフォルトで開くと同時に実行されるため、このダイアログボックスで設定するオプションは無視されます。 ただし、ビルド仕様でスタートアップVIが開くと同時に実行されないように設定できます。 アプリケーションプロパティダイアログボックスのソースファイル設定ページで、VIプロパティをカスタマイズボタンをクリックします。 VIプロパティ(アプリケーションビルダ)ダイアログボックスで、「開かれたら実行」チェックボックスをオフにします。
  • 呼び出されたら中断—サブVIが呼び出された際、そのサブVIを一時停止して、ユーザによる操作を待機します。 このオプションは、操作→呼び出されたら中断を選択した場合と同じです。 また、呼び出されたら中断プロパティを使用して、プログラム的にVIを中断することもできます。
  • 呼び出されたら表示器をクリア—表示器を含むVIを呼び出すたびに、グラフなどの表示器がクリアされるようにします。 トップレベルVIの場合、VIを実行するたびに表示器がクリアされます。
  • 起動時にメニューを自動処理—VIを開いて実行する際、LabVIEWが自動的にメニュー選択項目を処理するように設定します。 このオプションをオフにした場合、「メニュー選択取得」関数を使用してメニューの選択項目を処理できるまで、ランタイムメニューバーは無効になります。
  • 配列と文字列を事前に自動割り当て(FPGAモジュール)配列および文字列の操作を最適化します。 このオプションは、実行時にメモリを動的に割り当てるのではなく、コンパイル時にメモリを事前に割り当てるように、LabVIEWを設定します。 デフォルトでは、FPGAモジュールはプロジェクトエクスプローラウィンドウのFPGAターゲットの下のVIのこのオプションを表示します。 FPGAデバイスの配列または文字列を使用するVIをコンパイルするには、最初にこのオプションを有効にする必要があります。 FPGAモジュールなしのLabVIEWのインストールでは、LabVIEWは配列と文字列を事前に自動割り当てオプションを無効にします。 FPGAモジュールがインストールされていないLabVIEWのバージョンでVIを作成し、後でそのVIをFPGAデバイスにターゲットする場合、配列と文字列を事前に自動割り当てチェックボックスをオンにして、FPGAデバイス上のVIの動作をテストして、VIが予想どおりに動作することを検証します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった