ソースファイル設定ページ(インストーラプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム (Windows)

インストーラプロパティダイアログボックスのこのページでは、インストーラに使用するファイルの属性を選択します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 出力先ビュー—ファイルをインストールする際、ファイルの場所とディレクトリ構造を指定します。

    LabVIEW接頭辞が含まれる出力先ビューディレクトリのフォルダは、以下の場所に対応しています。
    • [LabVIEW x Examples]―このフォルダに含めるファイルはlabview\examplesディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW x Help]―このフォルダに含めるファイルはlabview\helpディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW x Instrument Drivers]―このフォルダに含めるファイルはlabview\instr.libディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW x Palettes]―このフォルダに含めるファイルはlabview\menusディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW xx Run-Time]―このフォルダに含めるファイルはShared\LabVIEW Run-Time\xディレクトリにインストールされます。x は現在使用中のLabVIEWのバージョンです。
    • [LabVIEW x User Libraries]―このフォルダに含めるファイルはlabview\user.libディレクトリにインストールされます。
    • [LabVIEW x]―このフォルダに含めるファイルはlabviewディレクトリにインストールされます。


    LabVIEW接頭辞が含まれない出力先ビューディレクトリのフォルダは、Microsoftインストーラ(MSI)プロパティに対応します。 これらに対応するMicrosoftインストーラ(MSI)プロパティについては、Microsoftデベロッパーネットワークのウェブサイトmsdn.microsoft.com)を参照してください。
    • [All Users Desktop]―このフォルダに含めるファイルはDesktopFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Personal]―このフォルダに含めるファイルはPersonalFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Program Files Common]―このフォルダに含めるファイルはCommonFilesFolderプロパティまたはCommonFiles64Folderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Program Files]―このフォルダに含めるファイルはProgramFilesFolderプロパティまたはProgramFiles64Folderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Public App Data]―このフォルダに含めるファイルはCommonAppDataFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [System]―このフォルダに含めるファイルはSystemFolderプロパティまたはSystem64Folderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Temp]―このフォルダに含めるファイルはTempFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Windows Volume]―このフォルダに含めるファイルはWindowsVolumeプロパティに対応する場所にインストールされます。
    • [Windows]—このフォルダに含めるファイルはWindowsFolderプロパティに対応する場所にインストールされます。
  • ファイルとフォルダの属性—以下のコンポーネントを選択して、出力先ビューでファイルとフォルダの属性を指定します。
    • 読み取り専用出力先ビューツリーで選択されたファイルを読み取り専用に設定するには、このチェックボックスをオンにします。
    • 非表示出力先ビューツリーで選択されたファイルを非表示にするには、このチェックボックスをオンにします。
    • システム:出力先ビューツリーで選択されたファイルをシステムファイルとして設定するには、このチェックボックスをオンにします。
    • 重要部分出力先ビューツリーで選択されたファイルをインストールの重要部分として設定するには、このチェックボックスをオンにします。 重要部分に設定されたファイルのインストールに失敗すると、インストールが中止されます。 ファイルを重要部分として設定する詳細は、MicrosoftのウェブサイトでMSI(Microsoftインストーラ)のファイル表のヘルプを参照してください。
    • COMを登録出力先ビューツリーで選択されたファイルをCOM (Component Object Model) オブジェクトとして登録するには、チェックボックスをオンにします。 この属性は、.EXE、.DLL、.OCXの拡張子を持つファイルのみに設定できます。 アプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページでActiveXサーバを有効にしたスタンドアロンアプリケーションを含む場合、フインストール後にファイルがActiveXサーバとして登録されるように、この属性をアプリケーションファイル用に設定します。
    • ロック解除—チェックボックスをオンにして、選択したファイルまたはフォルダをロック解除します。 ロック解除オプションは、絶対パスを持つフォルダを含む出力先ビューの定義済み出力先フォルダには使用できません。 ファイルまたはフォルダをロック解除すると、デプロイしたファイルおよびフォルダから管理者だけのアクセス制限がなくなり、誰でもインストールした後にファイルとフォルダを編集できるようになります。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった