一般設定ページ(プロジェクトライブラリプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロジェクトライブラリプロパティのこのページでは、LabVIEWプロジェクトライブラリのバージョン番号、VIアイコンテンプレート、デフォルトパレット設定を設定できます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • バージョン番号—バージョン番号が含まれています。
    • メジャー—メジャーリビジョンを示すバージョン番号の要素を指定します。
    • マイナー—マイナーリビジョンを示すバージョン番号の要素を指定します。
    • 修正—問題を修正したリビジョンを示すバージョン番号の要素を指定します。
    • ビルド—特定のビルドを示すバージョン番号の要素を指定します。
  • VIアイコンテンプレート—プロジェクトライブラリまたはステートチャートに関連付けるアイコンを表示します。 アイコンを編集ボタンをクリックして、アイコンを作成または編集する場合に使用できるアイコンエディタダイアログボックスを表示します。

    LabVIEWは、プロジェクトライブラリアイコンをライブラリのすべてのオブジェクトのアイコンに適用します。
    • アイコン—256色のフォーマットでアイコンを表示します。
    • アイコンを編集アイコンエディタダイアログボックスを表示します。
    • VIにアイコンを適用—プロジェクトライブラリで既存のプロジェクトライブラリアイコンをVIに適用します。
  • デフォルトパレット—プロジェクトライブラリが所有するすべてのVIのデフォルトとして使用するパレットファイル(.mnu)を指定します。 デフォルトパレットを選択する前に、プロジェクトライブラリにパレットファイルを追加する必要があります。
    メモ 項目設定ページでデフォルトパレットチェックボックスからデフォルトのパレットを設定した場合、このリストボックスにデフォルトが表示されます。 このリストボックスを使用してデフォルトパレットを変更すると、デフォルトパレットチェックボックスで新しいデフォルトパレットファイルにチェックマークが付きます。
  • ライブラリパス—ファイルへの現在のパスを表示します。 プロジェクトライブラリでは、ライブラリパスにプロジェクトライブラリファイル(.lvproj)へのパスが表示されます。
  • ソースバージョン—このVIを前回保存したLabVIEWのバージョン番号を表示します。
  • コンパイルコードをソースファイルから分離する—このファイルの最新バージョンをコンパイルオブジェクトキャッシュに保存します。 ファイルからコンパイルコードを分離することが有益な場合は、このオプションを選択します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった