メモリ使用ページ(VIプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウから、ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューからメモリ使用を選択して、このページを表示します。

このページを使用して、VIが使用するディスクとシステムメモリ、およびこれらの値に影響を与えるコンパイラ設定を表示します。 特にVIを編集して実行すると、メモリの使用量が大幅に変わることがあります。 メモリの数値にはVIが使用するメモリの量だけが含まれ、サブVIが使用するメモリは反映されません。

ヒント 通常、ブロックダイアグラムは大部分のメモリを必要とします。 ブロックダイアグラムを編集していない場合は、VIを保存してブロックダイアグラムを閉じ、別のVIのために空き領域を確保します。 また、サブVIのフロントパネルを保存したり閉じたりするとメモリが解放されます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • フロントパネルオブジェクト—このVIのフロントパネルオブジェクトによって使用されるメモリ量をキロバイト単位で表示します。 また、測定基準:フロントパネルのサイズプロパティを使用して、フロントパネルウィンドウのメモリ量をプログラム的に表示することもできます。
  • ブロックダイアグラムオブジェクト—このVIのブロックダイアグラムオブジェクトによって使用されるメモリ量をキロバイト単位で表示します。 また、測定基準:ブロックダイアグラムのサイズプロパティを使用して、プログラム的にブロックダイアグラムのメモリ量を表示することもできます。
  • コード—このVIのコンパイルコードのサイズをキロバイト単位で表示します。 また、測定基準:コードサイズプロパティを使用して、VIによって使用されるメモリ量をプログラム的に表示することもできます。
  • データ—このVIのデータスペースのサイズをキロバイト単位で表示します。 また、測定基準:データサイズの合計プロパティを使用して、このVIのデータスペースのサイズをプログラム的に表示することもできます。
  • 合計—このVIによって使用されるキロバイト単位でのメモリ量です。
  • ディスク上の総VIサイズ—このVIのファイルサイズの合計をキロバイト単位で表示します。
  • コンパイルコードの複雑度オプションダイアログボックスの環境ページにあるコンパイラ最適化スライダと関連するVIの複雑度を指定します。 これらの2つの値を比較して、このVIのコンパイル時にエディタの応答性と実行速度のどちらを優先するか決定できます。

    また、コンパイル:コードの複雑度プロパティを使用して、値をプログラム的に読み取ることもできます。
    メモ このフィールドの値は、将来的にLabVIEWの新バージョンで変更される可能性があります。
  • 前回コンパイル時の最適化レベル—このVIが最後にコンパイルされたときのコンパイラ最適化の程度を示します。 VIのコンパイルコードの複雑度が、エディタの応答性を優先させるためにコンパイラの最適化を制限するしきい値を超えているかどうかに対応します。

    この値を元に、複雑度のしきい値を調節するとVIの実行速度が向上するかどうかを判断できます。
    • 部分的なコンパイラ最適化―このVIの複雑度が、前回のVIコンパイル時に使用されたしきい値よりも大きいことを示します。 この場合、しきい値を小さくすることでVIの速度を改善できる可能性があります。
    • 完全なコンパイラ最適化―このVIの複雑度が、前回のVIコンパイル時に使用されたしきい値よりも小さいことを示します。 この場合、複雑度のしきい値を調節してもVIの実行速度は改善されません。


    このフィールドにプログラム的に読み取るには、コンパイル:前回コンパイル時の最適化レベルプロパティを使用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった