ネットワークページ(シェア変数プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

シェア変数プロパティダイアログボックスとこのページを表示するには、LabVIEWプロジェクトライブラリまたはライブラリ内のフォルダを右クリックし、ショートカットメニューから新規→変数を選択するか、既存のシェア変数を右クリックして、ショートカットメニューからプロパティを選択します。

このページを使用して、シェア変数の基本的なネットワークオプションを設定します。 また、変数リファレンスプロパティを変数プロパティとともに使用してシェア変数をプログラム的に構成できます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • バッファを使用—先入れ先出し(FIFO)バッファにある変数からデータを保管できるようにします。 FIFOの容量がいっぱいになるとシェア変数はFIFOの最初の値を上書きします。 バッファは、ネットワークで共有されたシェア変数に対してのみ使用できます。
    • 配列の数—バッファが保持できる要素の配列の数を指定します。 この制御器は配列データタイプでのみ表示されます。
    • 要素数 (タイプ: xxx)—バッファが保持できるシェア変数の数を指定します。 データタイププルダウンメニューで選択するデータタイプにより、変数 xxx が決まります。 配列データタイプでは、この制御器はバッファに含まれる各配列内の要素数を指定します。 この制御器が表示されないデータタイプもあります。
  • 単一書き込み—一度に1つのターゲットのみから値の変更を受け入れるようにシェア変数を設定します。 このコンポーネントは、ネットワークで共有されたシェア変数のみで使用できます。

    このオプションを選択すると、シェア変数の書き込み操作はLabVIEW.exeの別のインスタンスに影響されません。 シェア変数エンジンは、書き込みを1台のコンピュータ上の1つのVIに制限します。 シェア変数に接続されるLabVIEWの最初のインスタンスは値を書き込めますが、その後に続くインスタンスはどれも書き込めません。 最初のインスタンスの接続が解除されると、キューにある次のインスタンスがシェア変数に値を書き込めるようになります。 LabVIEWは、シェア変数への書き込みが許可されていないことを書き込み側に通知します。
メモ シェア変数の作成、構成、ホスティングは、LabVIEW Real TimeモジュールがインストールされたWindowsシステムまたRTターゲットでのみ可能です。 DataSocket VIおよび関数を使用すると、他のプラットフォームからシェア変数の読み書きを行えます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった