新規ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、ファイル→新規を選択します。

このダイアログボックスを使用して、アプリケーションの作成に使用する各コンポーネントをLabVIEWで作成します。 この新規ダイアログボックスを使用して、テンプレートから新規コンポーネントを作成することもできます。

このダイアログボックスを使用せずに新規の空のVIを作成するには、スタートアップウィンドウで<Ctrl-N>キーを押します。

(macOS) <Command-N>キーを押します。 (Linux)では<Meta-N>キーを押します。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • 新規作成—VIとその他のLabVIEWドキュメントの開始点を表示します。 以下のカテゴリから1つの項目を選択して、OKボタンをクリックして、VIまたはその他のLabVIEWドキュメントの作成を開始します。
    • VI—このカテゴリ中の項目は、新規VIを作成します。
      • ブランクVI—新しい仮想計測器(VI)を作成します。
      • 多態性VI—新規の空の多態性VIを作成します。
      • テンプレート—異なるタイプのVIをビルドするために必要なコンポーネントとともに、フロントパネルおよびブロックダイアグラムを開きます。 新規作成リストボックスでテンプレートカテゴリでテンプレートを1つクリックすると、フロントパネルプレビューセクションにフロントパネル、ブロックダイアグラムプレビューにブロックダイアグラム、説明テキストボックスにテンプレートの説明が表示されます。
        • フレームワーク—一般的な用途のアプリケーションのVIを作成するためのコンポーネントと設定を持つフロントパネルとブロックダイアグラムを開きます。
        • 計測器I/O—シリアルまたはGPIBインタフェースなどのポートを介してコンピュータに接続された外部計測器と通信するためのコンポーネントを持つフロントパネルとブロックダイアグラムを開きます。
        • シミュレーション—デバイスからのデータ集録をシュミレートするためのコンポーネントを持つフロントパネルとブロックダイアグラムを開きます。
        • ユーザ—作成したテンプレートのコンポーネントを含むVIを開きます。
          • 参照—テンプレートを選択できるファイルダイアログを開きます。
    • プロジェクト—このカテゴリ中の項目は、新規プロジェクトを作成します。
      • 空のプロジェクト—VI、サポートファイル、アプリケーション、およびハードウェア構成を管理する空のプロジェクトを作成します。
      • プロジェクトウィザード—このカテゴリの項目は、意図されたアプリケーションについて提供された詳細に基づいて対話式にプロジェクトを作成します。
    • 他のファイル—その他のLabVIEWオブジェクトの作成に使用するツールを作成します。
      • I/Oサーバ(DSCまたはReal-Timeモジュール) I/Oデバイスの通信と管理を行うためのI/Oサーバを作成します。 これらのI/Oサーバは選択された入力項目を読み取り、オンデマンドの選択された入力項目に書き込みます。 I/Oサーバを作成するには、プロジェクトを開く必要があります。
      • クラス—LabVIEWクラスを作成します。 LabVIEWクラスは、ユーザ定義データタイプです。 LabVIEWクラスはLabVIEWオブジェクト指向プログラミングの基礎です。
      • カスタム制御器—ビルトインであるLabVIEW制御器および表示器と外見が異なるユーザインタフェースコンポーネントを作成します。 このオプションを使用してタイプ定義を作成することもできます。
      • タイプ定義—タイプ定義を作成し、カスタム制御器または表示器のすべてのインスタンスを保存されているカスタム制御器または表示器のファイルにリンクさせます。 タイプ定義は、カスタム制御器または表示器の各インスタンスの正しいデータタイプを識別します。
      • グローバル変数—アプリケーションのどこからでもアクセスできるグローバル変数のコンテナVIを作成します。
      • ライブラリプロジェクトライブラリを作成します。
      • ランタイムメニュー—ランタイムメニューを作成します。
      • XControl—ビルトインのLabVIEW制御器および表示器を組み合わせてXControlを作成します。 カスタム制御器とは異なり、XControlにはバックグラウンドで実行されるVIで定義された実行時間と編集時間の動作が可能です。
        メモ この項目はLabVIEWプロフェッショナル開発システムのみで利用できます。
  • 説明新規作成リストで選択したコンポーネントの画像と説明を表示します。
  • プロジェクトに追加プロジェクトプルダウンメニューで選択したプロジェクトにコンポーネントを追加します。 選択できるプロジェクトがない場合、このチェックボックスは無効になります。
  • プロジェクト—LabVIEWが選択されたコンポーネントを追加するプロジェクトを指定します。 このプルダウンメニューは、複数のプロジェクトが開いている場合のみ表示されます。
メモ LabVIEWは、プロジェクトへ追加チェックボックスのオン/オフを自動的に切り替えます。 選択できるプロジェクトがない場合は、OKボタンは無効になります。 複数のプロジェクトが有効な場合、プロジェクトプルダウンメニューから項目を追加するプロジェクトを選択できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった