「オプション」ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、ツール→オプションを選択します。

このダイアログボックスでは、LabVIEWオプションを設定します。 LabVIEWの環境やLabVIEWアプリケーションの外観と動作をカスタマイズできます。

  • カテゴリ—LabVIEW環境とLabVIEWアプリケーションの外観と動作をカスタマイズする構成オプションをリストします。 カテゴリリストボックスでオプションを選択して、ダイアログボックスに構成オプションを表示します。

一般

  • フロントパネル―フロントパネルオブジェクトのオプションを設定します。
  • ブロックダイアグラム―ブロックダイアグラムオブジェクトのオプションを設定します。
  • 制御器/関数パレット制御器パレットおよび関数パレットのオプションを設定します。
  • 環境―LabVIEW環境のその他のオプションを設定します。
  • 検索―検索対象とするカテゴリを指定します。
  • パス―VIを検索する際、一時ファイルやLLBディレクトリなどで使用される異なるLabVIEWリソースへのパスを設定して、LabVIEWが検索するディレクトリの順序を設定します。
  • 印刷―LabVIEW情報の印刷方法を設定します。
  • ソース管理―サードパーティのソース管理プロバイダ構成したり、LabVIEWのソース管理オプションを設定できます。 このページは、プロフェッショナル開発システムをインストールしているユーザだけが使用できます。
  • メニューショートカット―キーボードショートカットをVIメニュー項目に設定します。
  • リビジョン履歴履歴ウィンドウのデフォルトの動作を設定します。通常、履歴ウィンドウは編集→VIリビジョン履歴メニューを選択して開きます。
  • セキュリティ―セキュリティオプションを設定します。
  • シェア変数エンジン―中央のタイムサーバで使用するネットワーク上のマシンの時刻を同期化します。

VIサーバ

  • VIサーバ―VIサーバを構成、VIサーバを介してVIへのマシンアクセスとユーザアクセスを制御、およびVIを介して他のアプリケーションインスタンスがどのVIにアクセス可能かを識別します。

ウェブサーバ

  • ウェブサーバウェブサーバの有効化と構成、ウェブ上で表示されるVIの識別、およびブラウザのウェブサーバアクセス権を設定します。

MathScript(MathScript RTモジュール)

  • MathScriptメインアプリケーションインスタンスのMathScriptノードのデフォルトのパスリストおよび作業ディレクトリを設定します。 スクリプトのハイライトセクションでは、MathScriptスクリプトノードのスクリプトのハイライトオプションを構成します。

インラインCノード(WSNモジュール)

  • インラインCノード―インラインCノードオプション(構文の色付けやデフォルトの外部エディタなど)を設定します。

Statechart(Statechartモジュール)



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった