From 9:00 AM - 12:00 PM CDT on Saturday, June 6th, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.

パスページ(オプションダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このページを表示するには、ツール→オプションを選択してオプションダイアログボックスを表示し、カテゴリリストからパスを選択します。

このページを使用して、さまざまなLabVIEWのリソースのパスを定義したり、LabVIEWが検索するディレクトリの順序を指定します。

メモ LabVIEWによってVIが見つけられない場合は、そのVIを他の名前のVIで置き換えることができます。 見つからないVIのすべてのインスタンスは選択したVIに置き換えられます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • パス選択—構成するパスを選択します。 一時ディレクトリデフォルトディレクトリには、1つのパスのみしか含めることができません。 VI検索パスには、複数のパスが含まれていることがあります。
    • 一時ディレクトリ—以下のようにプラットフォームによって異なる一時ファイルのディレクトリへの絶対パスを変更できます。
      • (Windows)デフォルトはwindows\tempです。ここで、windowsはオペレーティングシステムディレクトリを示します。
      • (macOS) デフォルトは、Apple社が一時ファイルの保存場所として推奨するハードドライブのトップレベルにあるTemporary Itemsという隠しフォルダです。 開発環境がクラッシュすると、一時ファイルは再起動時にごみ箱に移動します。
      • (Linux)デフォルトは/tmpです。
      メモ 次回LabVIEWを再起動すると、このオプションの変更が有効になります。
    • デフォルトディレクトリ—LabVIEWが情報を自動的に格納するディレクトリのデフォルトディレクトリへの絶対パス名を変更できます。 また、デフォルトディレクトリ関数によってもこの値が返されます。
      メモ 次回LabVIEWを再起動すると、このオプションの変更が有効になります。
    • デフォルトデータディレクトリ.lvmファイルなど、VIが生成するファイルの保存場所を指定します。 デフォルトは、オペレーティングシステムのデフォルトのファイルディレクトリにあるLabVIEWデータディレクトリです。
      メモ 次回LabVIEWを再起動すると、このオプションの変更が有効になります。
      また、アプリケーション:デフォルト:データディレクトリプロパティを使用して、デフォルトデータをプログラム的に指定することもできます。
    • VI検索パス—LabVIEWが見つからないサブVI、制御器、または外部サブルーチンを検索するのに使用するパスを変更できます。 このオプションを使用して、LabVIEWが検索するディレクトリのパスを順を追ってリストします。 検索パスを編集する際、特定の場所に新規項目を追加する、パスを削除する、定義済みのパスのリストから選択できます。
      メモ (Windows)予期されたパスに依存関係が見つからなかったが、その依存関係のWindowsショートカットが見つかった場合、そのWindowsショートカットがその依存関係の予期されるパスの一部になります。 この変更に関しては、警告が表示されます。 たとえば、サブVIがC:\MySource\MySubVI.viに予期されていたが、見つからなかった場合、LabVIEWは検索を開始します。 もし、MySubVI.viがSourceShortcut.lnk\MySubVI.viを通じて見つかった場合、LabVIEWはMySubVI.viをこのパスからロードして、SourceShortcut.lnkMySubVI.viの予期されるパスの一部になります。
  • デフォルトを使用—表示されるパスをデフォルト値に設定します。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。 表示されているパスを編集するには、このチェックボックスをオフにします。
  • パスリストパス選択リストで選択したパスの値を表示します。 デフォルトを使用をオンにすると、このフィールドは編集できません。 リストにパスがない場合、警告マークがパスの横に表示されます。
  • 参照—ディレクトリを参照。 ファイルダイアログボックスでフォルダの選択ボタンをクリックして、パスフィールドにパスを追加します。
  • パス—選択したパスを表示します。
    • !パスフィールドに<osdatadir>をコピーします。 <osdatadir>は、オペレーティングシステムのデフォルトのファイルディレクトリへのパスを示します。 !ボタンは、パス選択プルダウンメニューからデフォルトデータディレクトリを選択し、デフォルトを使用チェックボックスをオフしない場合はグレー表示されます。
    • シンボリック検索の場所—プルダウンメニューにシンボリック検索の場所をリストします。 このボタンをクリックし、パスフィールドにコピーする場所を選択します。 パス選択VI検索パスを選択し、デフォルトを使用チェックボックスをオフにしない限り、シンボリック検索の場所ボタンはグレー表示されます。 以下のディレクトリから選択してください。
      • <topvi>は、LabVIEWが開いているトップレベルVIを含むディレクトリを参照します。
      • <foundvi>は、前回サブVIを検出したすべてのディレクトリを含むリストを参照します。 検索時、LabVIEWがサブVIを検出したディレクトリがこのリストに追加されます。 <foundvi> を使用すると、移動したり名前が変更されたりしたVIのディレクトリを検索しやすくなります。 移動した他のVIを呼び出すVIを開く場合、そのディレクトリを一度だけ検索する必要がありますが、その後は、LabVIEWによってディレクトリのリストにこのパスが追加されます。
      • <vilib>はlabviewディレクトリにあるvi.libディレクトリを示します。
      • <<userlib>labviewディレクトリのuser.libを示します。
      • <<instrlib>labviewディレクトリのinstr.libディレクトリを示します。
      • <osdatadir>は、オペレーティングシステムのデフォルトファイルディレクトリを参照します。
  • 前に挿入パスフィールドのシンボリックパスを、パスリストで選択されたパスの前に挿入します。 シンボリックパスを選択しない限り、このボタンは淡色表示されます。
  • 後に挿入パスフィールドのシンボリックパスを、パスリストで選択されたパスの後に挿入します。 シンボリックパスを選択しない限り、このボタンは淡色表示されます。
  • 置換パスリストで選択されたパスをパスフィールドのパスと置換します。
  • 削除パスリストで選択されたパスを削除して、パスフィールドに配置します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった