製品情報ページ(インストーラプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム (Windows)

インストーラプロパティダイアログボックスのこのページを使用して、インストーラを作成する製品に名前を付け、インストーラの作成場所を選択します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • ビルド仕様名—ビルド仕様の固有の名前を指定します。 名前は、プロジェクトエクスプローラウィンドウのビルド仕様の下に表示されます。
  • 製品名—ユーザに表示するインストーラの名前を指定します。 名前は、Windowsのプログラムの追加と削除ダイアログボックスのアプリケーションのリストに表示されます。 製品名は[ProductName] Microsoftインストーラ(MSI)プロパティに対応します。
  • インストーラ出力先—インストーラを作成する位置を指定します。 パスを入力するか、参照ボタンを使用して保存場所を選択します。 ビルドディレクトリを作成するときにビルドのバージョンが含まれるように、パスに[ProductVersion]タグを追加します。 たとえば、C:\temp\builds\[ProductVersion]というパスは、ディスクにC:\temp\builds\1.0.0というディレクトリを作成します。 次回のビルド時には、ディスク上のディレクトリはC:\temp\builds\1.0.1というように番号が上がります。

Microsoftインストーラ(MSI)プロパティの詳細については、Microsoftのウェブサイトを参照してください。




「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった