リビジョン履歴ページ(VIプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウから、ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューからリビジョン履歴を選択して、このページを表示します。

このページを使用して、現在のVIのリビジョン履歴オプションを設定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • オプションダイアログボックスのデフォルト履歴設定を使用オプションダイアログボックスのリビジョン履歴ページにあるグローバル履歴設定を使用します。 このオプションをオフにして、このVIのカスタムの履歴設定値を選択します。 また、履歴:デフォルトを使用プロパティを使用して、リビジョン履歴オプションをプログラム的に設定することもできます。
  • VIが保存される度に記録を追加—このVIを変更して保存すると、履歴ウィンドウに自動的にコメントが生成されます。 履歴ウィンドウのコメントボックスにコメントを入力しない場合、履歴ウィンドウで履歴→空白の記録を表示オプションを選択すると、LabVIEWは履歴にヘッダのみ表示します。
  • VIを閉じるときにコメント入力画面を表示—それらの変更をすでに保存した場合でも、このVIを変更すると、履歴ウィンドウにコメントを追加することを促すプロンプトが表示されます。 変更を何も加えなかった場合は、履歴ウィンドウにコメントを追加するように促す指示は表示されません。
  • VIの保存時にコメント入力画面を表示—VIを最後に保存した後、このVIを変更すると、履歴ウィンドウにコメントを追加するようにプロンプトします。 変更を何も加えなかった場合は、履歴ウィンドウにコメントを追加するように促す指示は表示されません。
  • LabVIEWが生成したコメントを記録—最新バージョンのLabVIEWのVIを再コンパイルするなど、LabVIEWがそのVIに対して自動変更を行った場合、このVIを保存すると、履歴ウィンドウにコメントが自動的に生成されます。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。 また、履歴:アプリケーションコメントを記録プロパティを使用して、VIのリビジョン履歴にコメントをプログラム的に追加することもできます。
  • 現在のリビジョン履歴を表示—このVIと保存されたコメントの履歴を表示します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった