旧バージョン用に保存ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

旧バージョンのLabVIEWのVIを保存するには、ファイル→旧バージョン用に保存を選択してこのダイアログボックスを表示します。 旧バージョンのLabVIEWプロジェクトを保存するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでファイル→旧バージョン用に保存を選択します。 旧バージョンのプロジェクトライブラリを保存するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでライブラリファイルを右クリックしてショートカットメニューから旧バージョン用に保存を選択するか、プロジェクトライブラリを開いてファイル→旧バージョン用に保存を選択します。

このダイアログボックスでは、LabVIEWの旧バージョン形式で保存できます。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • LabVIEWバージョン—VIを保存するLabVIEWの以前のバージョンを選択します。 また、保存:旧バージョン用メソッド、旧バージョン用に保存(プロジェクト)メソッド、旧バージョン用に保存(ライブラリ)メソッドを使用して、旧バージョンのLabVIEWのVI、LabVIEWプロジェクト、プロジェクトライブラリの保存をプログラム的に行うこともできます。
  • ツールキットバージョン—選択されたLabVIEWバージョンと互換性のある旧バージョンのツールキットの一覧を表示します。 ツールキットのバージョンを選択して、そのバージョンと互換性のある形式でVIを保存します。 ツールキットバージョンリストは、変換情報を含むツールキットがインストール済みで、保存中のVIがそのツールキットを使用する場合のみ使用できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった