保護ページ(VIプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウから、ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューからウィンドウランタイム位置を選択して、このページを表示します。

このページを使用して、パスワードで保護されたVIのオプションを設定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • ロックなし(パスワードなし)—ユーザがVIのフロントパネルとブロックダイアグラムを表示したり編集することを可能にします。
  • ロック(パスワードなし)—フロントパネルまたはブロックダイアグラムを編集するには、ユーザがこのページからVIをアンロックしなければならないように、VIをロックします。
  • パスワード保護—正しいパスワードなしでは、ユーザがVIを編集したり、ブロックダイアグラムを参照できないように、VIをパスワードで保護します。
    注意  VIをパスワードで保護しても、ブロックダイアグラムが暗号化されるわけではありません。 セキュリティを最大限に高めるには、VIからブロックダイアグラムを削除してください。 パスワード保護とブロックダイアグラム削除のセキュリティの違いについては、ni.com技術サポートデータベースを参照してください。
  • パスワードを変更—VIのパスワードを変更します。

また、ロック状態:設定メソッドを使用して、プログラム的にVIのロック、VIのロック解除、VIのパスワード設定を行うこともできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった