アセンブリからオブジェクトを選択ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

このダイアログボックスを表示するには、プロパティノードまたはインボークノードを右クリックして、クラスを選択→.NET→参照を選択します。

このダイアログボックスを使用して、静的プロパティおよびメソッドにリンクするか、呼び出し用にクラスを選択します。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • アセンブリ—Global Assembly Cache(GAC)に登録され、以前プライベートアセンブリを基準としたすべてのアセンブリをリストします。 参照をクリックして、プライベートアセンブリにアクセスします。

    .NET共通言語ランタイム(CLR)は構成設定を使用して、ロードするアセンブリのバージョンを決定します。 これらの構成設定によって、特定のアセンブリのバージョンの要求が上書きされる場合があります。 たとえば、システム管理者は1.0.0.0ではなく1.0.0.1のバージョンをロードするようにユーザのコンピュータを構成できます。 ユーザがバージョン1.0.0.0をロードしようとすると、.NET CLRはアセンブリのバージョンを1.0.0.1にアップグレードします。 また、LabVIEWはアップグレードを通知するダイアログボックスを起動します。
  • 参照開く.NETアセンブリを選択が表示され、プライベートアセンブリを選択できます。
  • オブジェクト—選択するアセンブリで使用可能なオブジェクトを表示します。
  • 作成可能なオブジェクトのみを表示—作成可能なオブジェクトのみオブジェクトリストボックスで表示されるように設定します。

    COM/ActiveXは、クラスではなくインタフェースを利用します。 どちらを使用するかはユーザが選択できます。 作成可能なオブジェクトのみを表示を選択すると、選択可能な実装がすべて表示されます。 ここで選択するオブジェクトはインタフェースの実装ですが、LabVIEWのブロックダイアグラムに表示されるオブジェクトはインタフェースそのものです。 作成可能なオブジェクトのみを表示を選択しないと、実装とインタフェースの両方が表示されます。
ヒント 特定のアセンブリのロード中またはアセンブリ内のオブジェクトへのアクセス中に問題が発生した場合は、アセンブリの呼び出しをデバッグするか、メモリ内の.NETアセンブリダイアログボックスでメモリにロードされているアセンブリのバージョンが正しいか確認してください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった