タイプライブラリからオブジェクトを選択ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

このダイアログボックスを表示するには、ActiveXオートメーションRefnum制御器を右クリックして、ショートカットメニューからActiveXクラスを選択→参照を選択します。

このダイアログボックスでは、LabVIEWからのActiveXオブジェクトをの呼び出し、またはActiveXサーバクラスの選択を行います。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • タイプライブラリ—コンピュータで使用可能なタイプライブラリを表示します。 リストのタイプライブラリはActiveXの実装ではありませんが、ActiveXのコンポーネントが使用するタイプライブラリについて説明するメタデータファイルです。
    メモ タイプライブラリは共有ライブラリ(DLL)または実行ファイル(EXE)として保存できます。 DLLまたはEXEを参照する場合、タイプライブラリを参照する操作と同じです。
  • オブジェクト—選択するタイプライブラリで使用可能なオブジェクトを表示します。 このリストは、オペレーティングシステムにインストールおよび登録されているActiveXオブジェクトのみ表示します。
  • 作成可能なオブジェクトのみを表示—作成可能なオブジェクトのみオブジェクトリストボックスで表示されるように設定します。

    COM/ActiveXは、クラスではなくインタフェースを利用します。 どちらを使用するかはユーザが選択できます。 作成可能なオブジェクトのみを表示を選択すると、選択可能な実装がすべて表示されます。 ここで選択するオブジェクトはインタフェースの実装ですが、LabVIEWのブロックダイアグラムに表示されるオブジェクトはインタフェースそのものです。 作成可能なオブジェクトのみを表示を選択しないと、実装とインタフェースの両方が表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった