情報ページ(共有ライブラリプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

共有ライブラリプロパティダイアログボックスのこのページでは、共有ライブラリに名前を付けたり、共有ライブラリの保存場所を選択します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • ビルド仕様名—ビルド仕様の固有の名前を指定します。 名前は、プロジェクトエクスプローラウィンドウのビルド仕様の下に表示されます。
  • ターゲットファイル名—共有ライブラリのファイル名を指定します。 (Windows) 共有ライブラリの拡張子は.dllでなければなりません。 (macOS) 共有ライブラリの拡張子は.frameworkでなければなりません。 (Linux) 共有ライブラリの拡張子は.soでなければなりません。 .soを使用するか、冒頭にlib、末尾に.soを付加して、その後オプションとしてバージョン番号を追加することもできます。 これにより、そのライブラリを別のアプリケーションでも使用できるようになります。
  • 出力先ディレクトリ—共有ライブラリを作成する場所を指定します。 パスを入力するか、参照ボタンを使用して保存場所を選択します。
  • ビルド仕様の説明—ビルド仕様に関する情報を表示します。 ビルド仕様の説明は、このページでのみ表示および編集できます。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった