ソースファイルページ(パックライブラリプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

パックライブラリプロパティダイアログボックスのこのページでは、パックプロジェクトライブラリのファイルやフォルダの追加および削除を行い、ビルドに含むファイルを指定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • プロジェクトファイルプロジェクトエクスプローラウィンドウのマイコンピュータの下に項目のリストを表示します。 プロジェクトファイルからファイルを選択し、トップレベルライブラリおよび常に含むリストボックスの横にある矢印ボタンをクリックして、ファイルをリストボックスで追加または削除します。
  • トップレベルライブラリ—パックライブラリのトップレベルプロジェクトライブラリを指定します。 1つのプロジェクトライブラリをトップレベルライブラリとして定義する必要があります。 トップレベルライブラリリストボックスの横にある矢印ボタンをクリックして、プロジェクトファイルリストボックスから選択したプロジェクトライブラリを追加します。 パックライブラリにはプロジェクトライブラリの依存項目も含まれます。
  • 常に含む—パックライブラリに常に含むダイナミックVIとサポートファイルを指定します。 常に含むリストボックスの横にある矢印ボタンをクリックして、選択したファイルを常に含むリストボックスで追加または削除します。 リストボックスにフォルダを追加すると、フォルダ内のすべての項目が追加されます。個々の項目を削除することはできません。 プライベートデータ制御器を常に含むリストボックスに移動することはできません。

    メモ ダイナミックVIは、LabVIEWがVIサーバを介して動的に呼び出すVIです。 サポートファイルは、パックライブラリで使用するドライバ、テキストファイル、ヘルプファイル、.NETアセンブリなどの非VIファイルです。 LabVIEWは、パックライブラリを作成する際にLabVIEW以外のサポートファイルをライブラリの外のフォルダに含めます。 パックライブラリを常に含むリストボックスに追加した場合、ライブラリを作成する際に、LabVIEWはライブラリの外のフォルダにパックライブラリも含めます。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった