ソースファイルページ(アプリケーションプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

アプリケーションプロパティダイアログボックスのこのページでは、スタンドアロンアプリケーションのファイルやフォルダの追加および削除を行い、ビルドで使用するスタートアップVIを指定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • プロジェクトファイルプロジェクトエクスプローラウィンドウのマイコンピュータなどのターゲットの下に項目のリストを表示します。 スタートアップVI常に含むリストボックスの横の矢印ボタンをクリックして、プロジェクトファイルから選択したファイルをそれらのリストに追加するか、またはリストボックスから選択したファイルを削除します。
  • スタートアップVI—アプリケーションのスタートアップVI(トップレベルVI)を指定します。 最低1つのVIをスタートアップVIとして定義する必要があります。 スタートアップVIを定義していない場合、またはLabVIEWがスタートアップVIを検出できない場合、LabVIEWはスタートアップVIがないというビルド仕様エラーを表示します。 スタートアップVIは、アプリケーションを起動すると表示および実行されます。 スタートアップVIリストボックスの横の矢印ボタンをクリックして、プロジェクトファイルリストボックスから選択されたVIを追加するか、またはスタートアップVIリストボックスから選択されたVIを削除します。 VIをスタートアップVIとしてアプリケーションに追加すると、そのVIの依存項目もアプリケーションに含まれます。 フォルダを追加すると、フォルダ内のすべての項目が追加され、個々の項目は削除できません。
  • 常に含む—スタートアップVIから参照されていない場合でも、ダイナミックVIとサポートファイルがアプリケーションに含まれるように指定します。 常に含むリストボックスの横の矢印ボタンをクリックして、プロジェクトファイルリストボックスから選択したファイルを追加するか、または常に含むリストボックスから選択したファイルを削除します。 リストボックスにフォルダを追加すると、フォルダ内のすべての項目が追加されます。個々の項目を削除することはできません。

    ダイナミックVIは、LabVIEWがVIサーバを介して動的に呼び出すVIです。 サポートファイルは、アプリケーションで使用されるドライバ、テキストファイル、ヘルプファイル、.NETアセンブリなど、VI以外のファイルを指します。

以下のファイルはスタートアップVIリストボックスと常に含むリストボックスに移動できません。

スタートアップVI

  • 多態性VI
  • 制御器
  • プライベートデータ制御器
  • VI以外のファイル(テキスト、画像、.mnuなど)
  • ライブラリファイル(LabVIEWクラス、XControlなど)

常に含む

  • プライベートデータ制御器

スタートアップVIリストボックスへ移動したフォルダに移動不可のファイルが含まれている場合は、それらの項目は常に含むとしてラベル付けされます。 項目はフォルダと共にスタートアップVIリストボックスへ移動したように見えますが、適用された包含タイプをソースファイル設定ページの包含タイプで確認できます。

ライブラリまたはLabVIEWクラスを常に含むリストボックスに移動すると、ライブラリまたはクラス内のすべての項目がリファレンスとしてラベル付けられます。 個々の項目はスタートアップVIとして指定できます。 ただし、XControlの一部を常に含むリストボックスへ移動すると、関連するXControlファイルが淡色表示になり、関連するファイルがビルドに追加されます。 これらの関連項目は、スタートアップVIとして指定できません。




「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった